2匹の猫が20匹以上に…失業した飼い主と猫の行く末は?No.1

2匹の猫が20匹以上に…失業した飼い主と猫の行く末は?No.1

昨今のコロナ禍で、経済的に厳しくなる飼い主さんが増えています。今回埼玉のNPO法人 にゃいるどはーとさんの元へ届いた依頼は、その一端でした。猫9匹を抱えて派遣切りにあってしまった飼い主さん。一体どうなってしまうのでしょうか?

1274view

時間がない中での保護

今回の埼玉のNPO法人 にゃいるどはーとさんが関わるのは、元々多頭飼育崩壊が起きていたお家です。ですがそれだけではなく、飼い主さんのご事情で家を明後日までに去らなければいけなくなりました。そこで急遽の捕獲です。

家を去らなければいけない飼い主さんのご事情とは「派遣切り」です。以前から派遣切りは社会問題として取り扱われてきましたが、コロナ禍でより深刻になっています。派遣先の会社の寮だったため、すぐに明け渡さなければいけないのです。

突入!

猫とご対面

早速現場へと突入していくにゃいるどはーとさん。部屋の中はキレイに片付いています。というか、ほぼ何もない状態。

まず2匹の猫が出迎えてくれました。白い靴下を履いていて、とてもかわいらしいです。

各部屋に分かれている猫たち

猫たちは数匹ずつ、各部屋に分かれて入れられています。次ににゃいるどはーとさんが入ったのは、ビビり猫部屋。少し臆病な猫たちが緊張の面持ちで出迎えてくれました。

喧嘩が絶えない現状

メスオスで部屋を分けているようです。中にはケージに入れられている猫も。その理由は「喧嘩」です。

自由にしていると喧嘩が絶えないため、喧嘩をする猫をケージに入れているとのこと。

まとめ

猫たちはまだいます。次回はその他の猫も見て行きましょう!

飼い主さんの事情であおりを直接受けるのは、猫です。自分に何かあったときにどうするのかを考えることはもちろん大切ですが、どんな状況でも飼い続けられる方法を考えることも、大事でしょう。

猫たちの様子は下の動画からご覧いただけます。できればチャンネル登録ください。それが困っている猫たちへの支援につながります。

※こちらの記事は情報掲載者より許可を得て掲載しております。
 掲載者名:NPO法人 にゃいるどはーと

NPO法人にゃいるどはーと

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://nyaild-heart.shimakaji-mama.com/

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/特定非営利活動法人にゃいるどはーと-240983279643560/

▼▼ 公式Twitterはこちら ▼▼
https://twitter.com/satoshirumi

スポンサーリンク