飼い主が服役中で残された猫たち…2匹のアメショを救え!No.2

飼い主が服役中で残された猫たち…2匹のアメショを救え!No.2

埼玉のNPO法人 にゃいるどはーとさんは服役中の飼い主さんからの依頼で、2匹のアメショを保護することになりました。誰もいない家に約3ヶ月、取り残されているというのです。猫たちはどんなに寂しい思いをしていたのでしょうか。

392view

前回までのお話

埼玉のNPO法人 にゃいるどはーとさんは服役中の飼い主さんから依頼を受け、家に取り残された2匹のアメショを保護することになりました。

前回の様子は、こちらの記事「飼い主が服役中で残された猫たち…2匹のアメショを救え!No.1」と、でもご紹介しました。

1匹はすぐに捕獲できましたが、もう1匹が逃げてしまっています。さて無事に捕獲できるのでしょうか?

棚の上のアメショ

事情を説明

アメショに向かって、にゃいるどはーとさんが保護しにきた事情を説明します。飼い主さんは残念ながら3度目の逮捕により、いつ帰れるか分からない状況とのこと。猫たちは突如として路頭に迷った状態になってしまったのです。

ちゅーるよりも…

ちゅーるを差し出すにゃいるどはーとさん。気になっているようですが、食べません。にゃいるどはーとさんが手を差し出すと、匂いチェックの後自ら顔をすりつけました。

ちゅーるよりもお触りを要求したのです。よほど寂しい思いをしていたのでしょう。人のぬくもりが恋しかったようです。

猫たちは約3ヶ月、この家に取り残されていました。もちろんご飯をあげてくれる人はいましたが、飼い主さんのいない寂しさは相当なものだったでしょう。

抱っこで確保

アメショは無事、抱っこで捕獲されました。逃げようとする様子はありません。ケージに入れられ、ちょっと動揺中です。

突然のことですから、無理もありません。

3ヶ月の空白

警察はいきなりくるため、飼い主さんは何の準備もできていなかったようです。それでも猫たちを思い、友人に餌やりを託していました。そして猫たちはにゃいるどはーとさんが引き取り、新たな猫生へと導きます。

まとめ

人の都合で猫たちは、幸せにも不幸にもなってしまいます。いざ自分に何かがあったとき、猫たちの行き先を考えておくのは飼い主として当然の義務でしょう。

穏やかな捕獲の様子は、下の動画からご覧いただけます。できればチャンネル登録ください。それが今回のようなかわいそうな猫たちへの、支援につながります。

※こちらの記事は情報掲載者より許可を得て掲載しております。
 掲載者名:NPO法人 にゃいるどはーと

NPO法人にゃいるどはーと

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://nyaild-heart.shimakaji-mama.com/

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/特定非営利活動法人にゃいるどはーと-240983279643560/

▼▼ 公式Twitterはこちら ▼▼
https://twitter.com/satoshirumi

スポンサーリンク