厳冬に保護された子猫…警戒が解けない猫への接し方とは?

厳冬に保護された子猫…警戒が解けない猫への接し方とは?

古い家へと迷い込んでしまった子猫。放っておいたら命が危ういかもしれません。でも優しい保護主さんが保護し、福井の譲渡型保護猫カフェ しあわせにゃん家さんの元へと連れてきてくれました。中々人慣れしてくれませんが、これからうまくやっていけるのでしょうか?

574view

逃げてしまう子猫

ある古い家に迷い込んできた子猫がいました。福井の譲渡型保護猫カフェ しあわせにゃん家さんに助けて欲しいとの一報が入ります。

保護しようにもすぐに逃げてしまうようです。それでもなんとか数日かけて保護主さんが保護。子猫はしあわせにゃん家さんの元にやってきました。

中々慣れず…

ケージの中で

生後3ヶ月くらいの子猫。外で生まれて暮らしてきたため、全く人慣れはしていません。慣れるまでに時間がかかります。

慣れないケージ、知らない場所、人…。子猫にとっては恐怖でしかありません。ケージによじ登りながら、大きな声で鳴きます。

食べないご飯

数日後、少し落ち着いてきたものの、ご飯を食べてくれません。しあわせにゃん家さんが様々な種類のご飯をあげても、緊張からか口にしてくれないのです。

子猫の仮名は「そな」ちゃんになりました。

ちゅーる作戦

こうなれば、頼みのつなは「ちゅーる」です。まずはちゅーるを食べて慣れてもらうのです。ちゅーるにはどんな猫も陥落してしまう魔力があるよう。

その作戦が功を奏し、保護して10日以上経ってからやっとご飯を食べてくれました。ご飯を食べないとどんどん弱ってしまいます。でももう大丈夫です!

地味に地道に慣れさせる

ちゅーるをあげては少し撫で、またあげては撫でて…。そうやって少しずつ、地味ですが地道に慣れてもらうしか方法はありません。

そなちゃんは眉間を撫でられるのが好きなようです。優しく声かけをしながら、ちゅーるとナデナデを繰り返します。

念願のカフェデビュー!

どうもそなちゃんは、人より猫といる方が落ち着くようです。早くたくさん猫がいるカフェデビューをさせてあげたいと願うしあわせにゃん家さんですが、なかなか検便がOKになりません。

3回目の検便でようやくカフェデビューを果たしたそなちゃん。初めは怖くてトイレの裏に隠れます。でも他の猫とはうまくやっていけそうです。

他の猫がいることで安心している様子のそなちゃん。この調子で人にも慣れてくれれば、里子になる日もそう遠くはないでしょう。

まとめ

たった1匹で過酷な外の世界を生きてきたそなちゃん。運良くしあわせにゃん家さんに保護されたため、幸せな家猫を目指して頑張っています。早く里親さんが見つかると良いですね!

そなちゃんのカフェデビューまでの道のりは、下の動画からご覧いただけます。できればチャンネル登録ください!それがそなちゃんのような助けが必要な猫たちのサポートになります。

※こちらの記事は情報掲載者より許可を得て掲載しております。
 掲載者名:譲渡型保護猫カフェ しあわせにゃん家

譲渡型保護猫カフェ しあわせにゃん家

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
http://shianyan.com/

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/shiawasenyanchi/

▼▼ 公式Twitterはこちら ▼▼
https://twitter.com/shiawase_nyan

▼▼ 公式Instagramはこちら ▼▼
https://www.instagram.com/shia_nyan/

スポンサーリンク