釣り堀にいたボロボロ子猫を保護…兄弟の行方は?No.1

釣り堀にいたボロボロ子猫を保護…兄弟の行方は?No.1

東京都府中のNPO法人府中猫の会で預かりをしているKoさん。ある日、いつもは通らない道を通っていたら、どこからか子猫の声が聞こえてきました。どうやら釣り堀の方にいるようです。Koさんが声の主を探すとそこには…。

2391view

釣り堀の物置から聞こえた鳴き声

ボロボロの子猫が!

東京都府中のNPO法人府中猫の会で預かりをしているKoさんが買い物帰りに通りかかった釣り堀の物置で、子猫の声が聞こえてきました。辺りを探すと…。1匹のボロボロ子猫が見つかったのです。

Koさんはいつも洗濯ネットを持ち歩いている為、緊急保護して自宅に連れて行きました。1匹子猫がいたということは、他にもいる可能性が高いです。聞き込みで所在を探ります。

ご飯を食べる子猫

ご飯を与えると、バクバク食べてくれました。ミルクも与えようとしますが嫌がります。

丸まったしっぽが可愛い子猫。ダンボールハウスで暖かくして休ませます。元気になりますように!

仕事をずらして動物病院へ

生後1ヶ月以上の男の子

Koさんは仕事の時間をずらして子猫を病院へ連れて行きました。生後1ヶ月以上は経っている男の子です。痩せているので体重は300gしかありません。

通常であれば400から500g程度はあるはずです。食べ物がなかったのか、かなり痩せています。

投薬

駆虫薬と抗生剤を投与します。これで体がキレイになり、元気になってくれるでしょう。

ケージの中にて

帰宅し子猫をケージに入れると、よじ登るほどになりました!元気になっている証拠です。「出して〜!」とでも言いたげによじ登り、そして落ちます。

甘えん坊の子猫

膝の上で抱っこすると甘えてくる子猫。まだまだ母猫が恋しい時期です。甘えん坊でも仕方ありません。

まとめ

普段は通らない道を偶然通った為に発見できたボロボロの子猫。それがなかったら人知れず、命を落としていたかもしれません。

引き続き残りの子猫、および母猫に関しての聞き込みを行います。無事に見つかってくれるでしょうか?

ボロボロだけどケージによじ登ったり甘えたりする姿はとても可愛いです!ぜひ下記動画よりご覧ください。そしてできればチャンネル登録をお願い致します。それが助けが必要な猫たちへの支援に繋がるのです。

※こちらの記事は情報掲載者より許可を得て掲載しております。
 掲載者名:NPO法人府中猫の会

NPO法人府中猫の会

▼▼ 公式ブログはこちら ▼▼
https://chuneko.exblog.jp/

▼▼ 公式Twitterはこちら ▼▼
https://twitter.com/fuchu_nekonokai

▼▼ 公式Instagramはこちら ▼▼
https://www.instagram.com/fuchu_nekonokai/

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/府中猫の会-815781585192487/

スポンサーリンク