山道で一人ぼっちの子猫を保護…ツンデレの可愛い美猫へ♡

山道で一人ぼっちの子猫を保護…ツンデレの可愛い美猫へ♡

福井の譲渡型保護猫カフェ しあわせにゃん家さんに入った保護依頼。なんとまだ小さな子猫が山の中にたった1匹でいるというのです。なぜそんなところに…?でもしあわせにゃん家さんも手いっぱいです。果たして子猫はどうなってしまうのでしょうか?

5780view

「山道に猫が…」との連絡

たった1匹で

ある日、福井の譲渡型保護猫カフェ しあわせにゃん家さんの元へ「子猫が山道に1匹でいる」との連絡が入りました。3日連続で保護が続いている為、迷うしあわせにゃん家さんです。

手いっぱいだった

その連絡が入った日も2匹の子猫が来ることが決まっていました。シェルターはすでにいっぱいです。でも子猫がたった1匹、山の中で心細そうに鳴いている姿を想像すると、いても立ってもいられません。

放っておいたら餌も捕まえられずに衰弱し、命を落としてしまうことは必至でしょう。

引き取りを決めた!

連絡をくれた保護主さんに最初の医療費をお願いすると、快く了承してくれました。そのことで引き取りを決めたしあわせにゃん家さん。

保護1日目

ご飯を「うまうま」

子猫はきっとお腹が空いていたのでしょう。「うまうま」と声を発しながらガツガツと出されたご飯を食べます。この「うまうま現象」、子猫には良く見られることです。

ご飯が「美味しい!」と思っているから、思わず声を発してしまうのだとか。しあわせにゃん家さんに保護してもらえて、本当に良かったですね!

もしかして…

子猫は野良猫の割には毛並みがキレイです。付いている虫も少なく、ガリガリでもありません。通常外にいたら被毛が汚れていたりノミがたくさん付いていたり、何より母猫と離れてしまったら飢えてガリガリになっているでしょう。

そうなっていないということはもしかしたら、人に飼われていたのかもしれません。そして何らかの事情で捨てられてしまった、と。真相は定かではありませんが、そんな予測をして憤りを感じるしあわせにゃん家さんです。

保護2日目

一生懸命の弁明

保護して2日目のこと。子猫はトイレではなく、ベッドにうんちをしてしまいました。「違うの!これはね…」と弁明するかのように必死に鳴く子猫。鳴き声が可愛いです。

もしくは「出たよ!」と教えてくれているのかもしれません。以前母猫にそうしていたかのように。

「シャーッ!」しつつもとろける子猫

しあわせにゃん家さんが撫でようと手を近づけると、「シャーッ!」と威嚇します。でも優しく撫でられると気持ちが良いのか、ゴロゴロ言い出します。素直です!

ナデナデの気持ち良さを覚え、とろける子猫。ひっくり返る姿もとっても可愛いです。こんなに愛らしいのなら、すぐに里親さん、見つかりそうですね!

まとめ

キレイな体の状態から見て、生まれてからずっと野良だったとは考えにくい子猫。柄が個性的なとても可愛い子です。

今回は幸いにも優しい保護主さんに見つけて貰い、しあわせにゃん家さんに保護されました。でもいつもこううまく行くとは限りません。逆にこの子猫の方が少数派でしょう。

丸っこい子猫の可愛い様子は、下記の動画からご覧頂けます。良かったらチャンネル登録ください!そのワンアクションが助けを必要としている猫たちへの支援となります。

※こちらの記事は情報掲載者より許可を得て掲載しております。
 掲載者名:譲渡型保護猫カフェ しあわせにゃん家

譲渡型保護猫カフェ しあわせにゃん家

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
http://shianyan.com/

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/shiawasenyanchi/

▼▼ 公式Twitterはこちら ▼▼
https://twitter.com/shiawase_nyan

▼▼ 公式Instagramはこちら ▼▼
https://www.instagram.com/shia_nyan/

スポンサーリンク