極寒の木の上に残された猫…危険な救出活動の結末は?

極寒の木の上に残された猫…危険な救出活動の結末は?

ワシントンに数日間降った雪で人々は歓喜しました。しかし、モミの木の上で立ち往生しているペブルスは全く楽しくはありませんでした。寒さに弱い猫を一刻も早く救助しなくては危険です。

357view

雪は降るごとに猫のぺブルスを追い詰めます

一面の雪化粧、モミの木にも雪が積もり綺麗ですが、木の上には猫が…

ワシントンに数日間降った雪は子供も大人も喜ばせましたが、モミの木の上で夜を過ごさなくてはいけない状況の猫のぺブルスは全く楽しくありませんでした。極寒の中でぺブルス鳴き声が響きます。

ぺブルスを発見

飼い主から救助依頼を受けたCanopy cat rescueのトムは、雪でおおわれたモミの木にちぢこまったぺブルスの姿を発見します。

「ぺブルス、かわいい猫」声をかけながら雪をはらいのけぺブルスの側に登って行きます。

ぺブルスに手が届きます

寒かったでしょうに、辛いぺブルスの表情が状況をもの語っています。

ぺブルスを確保へ

コミュニケーションを少し取り、すぐにぺブルスを確保します。早く温かい飼い主の待つおうちに戻ろうね。

ぺブルスは無事に飼い主のところに戻る事ができました。救助が数日遅れたらこの気温では命にかかわるところでした。雪の中の救助の様子は是非とも動画にてご確認ください。

※こちらの記事は動画配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Canopy cat rescue

スポンサーリンク