猫3匹と暮らす夫婦が片目のノラ猫に遭遇…保護を試みるも?(前編)

猫3匹と暮らす夫婦が片目のノラ猫に遭遇…保護を試みるも?(前編)

猫3匹を飼う国際結婚夫婦(特に妻)が、ノラ猫の保護に乗り出しました。賢い猫をつかまえるため、あの手この手で苦心して保護。自宅で一時預かりにしますが、これからどうなる?

3029view

個人でここまで、よくやった!

発見

ジュンさんとレイチェルさんのご夫婦は、個性豊かな猫たち(ナギ、ポキ、コハク+一時預かりのピチ)と暮らしています。

今回は、「ピチ」の保護の様子をご紹介。

レイチェルさんの友人が散歩中にノラと思われる片目の猫を発見しました。2人は自宅からカリカリを持って来て、猫の出方を観察します。猫は隠れたりもしますが、もっとくれと手を伸ばすなど、きっかけがあれば近づけそう。

向かって右側の目が落ちくぼんだようになっています。他の猫に引っかかれたか何かのケガで、眼球萎縮になり、失明してしまったようです。

フェンス越しだと積極的に近づいて食べ物をねだります。2人は、2,3日通って様子を見つつ、つかまえるタイミングをはかることにしました。保護団体ではないただの猫好きさんが、頑張ります!

まずはキャリーケースに慣れさせるため、食べ物を少し入れて猫が出入り自由にしておきました。すると猫はあっさり中に入って、結構気に入った様子。でも人が近づくとすぐに逃げてしまうのです。

執念の保護計画

この人たち本気です。ケージトラップを購入しましたよ。飼い猫のコハクが段ボールをチェックする中、レイチェルさんは作戦を説明します。

最初の静止画で見えるように、この子、耳の先が少し切り取られています。一度はつかまえられて、去勢か避妊、ワクチン接種を受けて再び放される「TNR」を経験しているということ。その経験から、ケージトラップに警戒心を持っているかもしれないのが、ちょっと心配です。

…と説明中も、コハクは段ボール箱の小さなすき間に入ろうと悪戦苦闘!笑

いよいよ、その時が。あ、猫、入りました!しかしレイチェルさんが心配した通り、どうやらコヤツ、知ってます、ケージの奥まで踏み込んではいけないと。うまいこと食べ物を拾いあげて、そのまま脱出しやがりましたよ!賢いヤツめ。

その後も食べ物を変えたり、ケージをカモフラージュしてみたりと工夫しましたが、どれも失敗します。地域猫には食べ物をあげる人がいるので、絶対にケージ入って食べたいというモチベーションもちょっと足りなくて。

そこで次の作戦。もっと大きな木製ケージを手作りするんですって!大掛かりになってきたぞ。出来上がってきたケージに入ってくつろぎながら、DIYを「手伝ってる」子もいますが。

木枠にネットを張りながらレイチェルさん:「(猫が居ついている)マンションの管理人とか住人とか、近所の人たちに声かけまくったから、怪しまれないですよ。」

出来上がった木製ケージをコハクでテストして、いざ!

ここまでくるのに、実に2週間半通い詰めました。猫もレイチェルさんの存在に少しだけ慣れてきたようです。いつもの猫の隠れ場所からエアコンの室外機の後ろを通るU字の誘導ルートは、数日前にテスト済み。レイチェルさんの大胆かつ抜かりない性格が表れています!

この子をDIY木製ケージでつかまえるチャンスは1度きり。失敗したら、賢いこの子、2度とケージに近づかないでしょう。緊張の一瞬です。猫がケージの下に入りました!

今回撮影しているジュンさんは、今日が初めて。猫がジュンさんを気にしているため、撮影はあきらめて後方に下がります。

というわけで、決定的瞬間の映像は撮れなかったのですが、大・成・功!手作り感いっぱいのケージを最大限にいかして、賢い猫をついにつかまえましたよ。

レイチェルさん、心臓バクバク、手はわなわな震えていたそうです。わかりますねえ。苦労と工夫が報われました。そのまま病院へ直行!

それから

当日に多くの項目の診察をするのは猫の負担が大きすぎるとの医師の判断で、この日は最低限のケアだけで帰宅することになりました。猫白血病ウィルスを持っているかどうかの結果などが出そろうまで、最低1カ月は、家にいる他の3匹から離して隔離部屋に置くことになりました。

部屋はできる限りこの子がくつろげるように配慮しました。人や新しい環境に慣れて、里親さんが見つかりやすくなるとよいですね。

将来的には、ノラ猫たちの保護と里親さんとのマッチング活動もしたいという希望があるそうです。この子はその第1号ですね。さあ、どうなることやら。この時点ではまだ「ピチ」の名前ももらっていないこの子のその後の様子は、後編で!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:『Rachel & Jun』『Rachel & Jun's Adventures!』『JunsKitchen』

Rachel & Jun

日本人のジュンさんと米国人のレイチェルさんのご夫婦が運営するYouTubeチャンネルでは、猫の「コハク」「ナギ」「ポキ」それに一時預かりの「ピチ」との生活を見せてくれています。

▼▼ YouTubeチャンネル『Rachel & Jun』 ▼▼
https://www.youtube.com/channel/UC4yqcgz49APdbgj0OMv7jpA

▼▼ YouTubeチャンネル『Rachel & Jun's Adventures!』 ▼▼
https://www.youtube.com/c/RachelandJunExtra

▼▼ YouTubeチャンネル『Jun's Kitchen』 ▼▼
https://www.youtube.com/channel/UCRxAgfYexGLlu1WHGIMUDqw

▼▼ 公式Twitterはこちら ▼▼
https://twitter.com/RachelAndJun

▼▼ 公式Instagramはこちら ▼▼
https://www.instagram.com/rachelandjun/

スポンサーリンク