飼い主さんが火事で…残された20匹の猫たちの行方は?vol.3

飼い主さんが火事で…残された20匹の猫たちの行方は?vol.3

初日の捕獲大作戦で良い成績を収めた埼玉のNPO法人にゃいるどはーとさん。ですがまだ猫が残っているかもしれません。時間を最大限に使い、埼玉に戻るギリギリまで捕獲に挑みます!猫たちは全頭、捕まってくれるのでしょうか?

3273view

前回までのお話

飼い主さんを火事で亡くしてしまった20匹の猫たち。焼け跡に残され、明日をも知れぬ身でした。飼い猫から野良猫になるのはかなりキツいものがあります。

前回の様子は、こちらの記事「飼い主さんが火事で…残された20匹の猫たちの行方は?vol.2」でもご紹介しました。

そこで依頼を受けた埼玉のNPO法人にゃいるどはーとさんが香川まで飛び、猫たちの全頭保護作戦を開始しました!初日は20匹の猫たちの捕獲に成功です。

捕獲された猫たち

ケージに移される

捕獲器から、ケージに移される猫たち。まだ戸惑い気味で暴れます。命の危険を感じているのでしょう。逃げようと必死です。

並んだ猫たち

ケージに入れられ、覆いをかけられた猫たちです。とても静かにしています。猫たちは外に出ていたようで、半野良の状態だったよう。人慣れするのに少し時間がかかりそうとのことです。

捕獲2日目

捕獲作戦の2日目は、あいにくの雨模様でした。捕獲器にビニールをかけ、雨仕様にして臨みます。ですが残念ながら、1匹も入ってくれませんでした。雨の日は猫たちは狩りをしない為、寝床でゆっくりして体力を温存しているのでしょう。

待機場所にて

パワフル猫に要注意!

にゃいるどはーとさんは待機場所に戻ります。時間軸が不明ですが、捕獲器からケージに猫を移すところのようです。暴れる黒猫。でもこういう猫は人に慣れることが多いのだとか。

怒りながらも…

口ではウーッ!と威嚇していますが、差し出されたちゅーるはペロペロしています。やはり美味しいものには勝てないよう。そんな素直なところが猫の魅力の1つです。

まとめ

2日目は残念ながら、捕獲がうまく行きませんでした。でも捕まえた猫たちはみな元気です。これから埼玉へ向かって、第二の猫生を掴みに行きます!

猫たちの様子は、下記の動画をご覧ください。暴れ黒猫の可愛い、怒りながらペロペロが見られます。

できればチャンネル登録をしてくださると嬉しいです。その一手間が助けを必要としている猫たちへの支援に繋がります。

※こちらの記事は情報掲載者より許可を得て掲載しております。
 掲載者名:NPO法人 にゃいるどはーと

NPO法人にゃいるどはーと

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://nyaild-heart.shimakaji-mama.com/

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/特定非営利活動法人にゃいるどはーと-240983279643560/

▼▼ 公式Twitterはこちら ▼▼
https://twitter.com/satoshirumi

スポンサーリンク