腰の皮と尻尾を咬みちぎられた猫…危機を乗り越え幸せに!

腰の皮と尻尾を咬みちぎられた猫…危機を乗り越え幸せに!

ノラ生活を満喫していたボス猫が、何者か(犬?)に襲われ、腰に大ケガを負いました。このままでは感染症が全身に広がり、命がおびやかされます。病院で治療を受け、その後、猫の暮らしは180度変わりました。

3265view

腰の皮がベロン、尻尾もダラン…ボカシ、入ってます。

発見・救出

ノラの「デューク」は、通りで知られたボス猫でした。でもある日、大ケガを負ったデュークの写真が撮られ、スペインの保護団体Let’s Adopt に送られました。

ケア

状況を聞き取り、写真を送ってくれた人にデュークの確保を依頼しました。ノラで、ケガもありとても神経質になっていたようですが、デュークをつかまえてもらうことができ、病院へ連れてきました。

腰の大ケガは、犬に襲われたのではないかという見立てです。ボカシが入っていなかったら、直視が難しそうです…。感染症が広がってきていました。デュークはバレンシアの病院に救急搬送されました。

バレンシアの病院に到着したデューク。きっと激痛の上に不安で仕方ないことでしょう。

デュークは恐怖と痛みで抵抗もできず、ただ小刻みに震えていました。

血液検査用の採血。重度の貧血であることがわかりました。

向かって左の耳の先がきれいに切り取られています。かつて一度つかまって、去勢手術を受け、再び縄張りの路上に放された、TNRプログラムの猫なのですね。もしただの古傷だったとしても、いずれにせよ今回去勢するでしょう。

体は動かなくても意識はある状態の麻酔で、腰のケガの処置をします。デュークの長い尻尾と腰の皮は咬み千切られて、皮一枚でつながっている状態。全部取り除くことになりました。大丈夫、シッポがなくても、生きていける!

感染症の治療は時間がかかります。がんばれデューク。

最初の治療の後、デュークにはさらに、人のそばにいなければならないという試練が待ち構えていました。彼にとっては相当なストレスですよ。

ただ、ケガの状態はどんどん快方に向かいました。

その後

そんなデュークを里親さんが引き受けてくれたのです!デューク、スペインからドイツへ飛んだ!

動画の後半は、デュークのドイツでの暮らしぶりで埋め尽くされます。ノラのボス猫だったデュークが、果たしてドイツでの全く新しい暮らしに馴染めるのでしょうか?

えぇ~っ!と驚く写真が次々に出てきます。ここまで変われる子もいるんですね。路上のボス猫時代はきっと、けんかっ早いタイプではなく、悠然としたタイプだったのかも。

里親さんが記録した動画と写真を楽しみにご覧下さい。動画を見ることは保護支援にもつながります!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Viktor Larkhill (LetsAdopt)

スポンサーリンク