子供服と一緒に遺棄された子猫たち…里親さんのもとへ旅立つ!

子供服と一緒に遺棄された子猫たち…里親さんのもとへ旅立つ!

弱々しい鳴き声を発する子猫たち。子供服と思われる洋服と共にダンボールに入って置かれていました。遺棄されてしまったようです。幸いにも引き取ってくれる方はいるようなのですが…。子猫たちは大丈夫なのでしょうか?

5370view

ダンボールに入った子猫

子供服と思われる洋服と共に、ダンボールに入れられた2匹の子猫。そのまま放っておいたら、間違いなく命を落としてしまいます。

一体どういう経緯で、遺棄されたのでしょう?埼玉のNPO法人にゃいるどはーとさんは保護を担当し、後は引き取ってくださる方がいるそうです。ひとまずミルクを与え、急場をしのぎます。

病院へ

体温が…

子猫たちを動物病院へ連れて行きます。体温が低くなっている2匹…。低体温症になると命が危険です。一応ミルクは飲んでくれたよう。今は駆虫などよりも体温を上げることが優先です。

名づけ

にゃいるどはーとさんは、名付けを行いました。「未来(みく)」と「夢」に決定!希望に溢れた良い名前です。

保護猫サロン

この動物病院には「保護猫サロン」がありました。猫たちと触れ合うことができ、希望があれば里子にすることができるのです。そこににゃいるどはーと出身の猫たちがいました。覚えているのか、近づいて来てくれます。

里親さんの元へ

子猫たちはこれから、里親さんの元へ向かいます。お世話をしてくれる人がいて、本当に良かったです。きっとこれで幸せになれますね!

遺棄は犯罪

子猫たちが入っていたダンボールには、子供服もしくは女性用の服と思われるジャンパーが入っていました。子猫たちをどうにか守りたい、と思った気持ちは伝わって来ますが、遺棄は犯罪なのです。

もしかしたら子猫たちを見つけた子がダンボールに入れ、自分の着ていた服をかけてくれたのかもしれません。相談してくれれば良かったのに…と悔しさを噛みしめるにゃいるどはーとさんです。

まとめ

体が冷え切ってしまっていた子猫たち。何とか保護され、命は救われました。

助けを必要としている猫とはいつ出会うか分かりません。もし出会った時には、勇気を持って守ってあげたいですね!その時当てはなくても、保護してその一歩を踏み出せばきっと道が見えてきます。

子猫たちの様子は、下記の動画からご覧ください!そしてできればチャンネル登録を。その一手間が猫たちの未来を明るく照らしてくれる光になります。

※こちらの記事は情報掲載者より許可を得て掲載しております。
 掲載者名:NPO法人 にゃいるどはーと

NPO法人にゃいるどはーと

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://nyaild-heart.shimakaji-mama.com/

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/特定非営利活動法人にゃいるどはーと-240983279643560/

▼▼ 公式Twitterはこちら ▼▼
https://twitter.com/satoshirumi

スポンサーリンク