英国人俳優VS自由過ぎる猫!史上初のインタビューの行方は?

英国人俳優VS自由過ぎる猫!史上初のインタビューの行方は?

動物愛護団体と英国人ベテラン俳優、そしてシェルターの猫が協力して、動物愛護と里親の選択の大切さを訴えるコミカルな動画を作りました。ブライアン・コックスさんのくるくる変わる表情とツンデレ猫さんのかけ合いが楽しい。

411view

ツンデレ最高!

ベテラン俳優

ねこちゃんホンポ読者の皆さま、ブライアン・コックスをご存じですか?あの大ヒットサイコスリラー映画「羊たちの沈黙」の恐ろしいハンニバル・レクター博士役を、その数年前にすでに映画「刑事グラハム/凍りついた欲望」で演じ、他にも多くの作品に出演している英国のベテラン俳優です。

そのコックスさん、実は愛猫家なんですね。動物愛護団体PETAと共に、保護猫を語るコミカルな動画を作りました。

まずはPETAの質問にコックスさんが答えます。シェルターのサビ猫「パッチス」に翻弄される様子が絶妙!

PETA:テレビドラマ「サクセッション(キング・オブ・メディア)」で強面の大企業創立者、ローガン・ロイを演じていますが、彼も猫ちゃんにかかったらやっぱり、にやけちゃいますか?

ローガン・ロイは、ワンマンで強権的、いつもしかめっ面なんですね。

コックス:(しかめっ面で考えてから)いいえ。

ん?口元、緩んでない?

ベテラン俳優×シェルター猫

ここからは、コックスさん(C)がパッチス(P)にインタビューします。

C:僕はブライアン・コックスです。よろしく。まあ…ご存じかな?(そこそこ知られていると思うけど…。)ほら、シェークスピアなんかもやってて…シェイクス…ピア…。汗

P:…(…へ?)

C:「ブレイブハート」とか、「ロブ・ロイ」とかさ…。あ、「X-MEN2」は?し、知らない?

P:んー…

忖度(そんたく)なし!キリッ

C:あ、これならわかるかな、テレビの「サクセッション」!

P:ん?それ、ナショジオ?

あちゃ~。違うよパッチス、「サクセッション」は人気テレビドラマだよ!出てるの、このおじさん、重要人物なの!

ナショジオことナショナル・ジオグラフィックは、動物や歴史、地球科学などマジメな内容のドキュメンタリーチャンネル。野生動物の映像なんか、ド迫力です!

C:(そうか…僕もまだまだだな…。頑張らにゃ…。)

C:(気を取り直して)じゃ、質問行ってみようか。君それ、何の毛皮を着てるの?

P:自前にゃ。一張羅(いっちょうら)にゃ。

C:あ、そりゃよかった。僕も毛皮には反対でね。で、君、去勢は済んでるのかな。

P:失礼な質問にゃ。でも済んでるにゃ。

C:ちゃんとしてるんだね。ところで里親についてはどう思う?僕は里親制度はとても大切だと思ってるんだ。実はうちにも保護猫が2匹いてね。猫って独立心が強いけど、時にはやっぱり仲間が恋しいかなと思ってさ。

P:その通りにゃ。大賛成。

C:君からも僕に質問があったら、さあ、遠慮なくどうぞ。

P:…(カイカイ)

P:…(チョイチョイ)

自由過ぎ!パッチス、自由過ぎ!目の前、ベテラン俳優!興味持って行こう!

C:(うん、うん、いいよいいよ…涙)君、楽しかったかい?僕は楽しかったよ。忙しいところ時間を割いてくれてありがとうね。

P:礼には及ばないにゃ。またにゃ!

まとめ

コントはここまで。

コックスさんは語ります。「独立心こそが猫の魅力ですね。それに察してくれます。何か物足りないなあ、なんて時に向こうからやって来てくれて、あ、そうか、(猫が足りなかったんだ、)ありがとう。なんてこともありますよ。」

そして動画を次の言葉で締めくくります。

「猫を飼うなら、お金で買わないで。里親になりましょう。そして去勢・避妊をお忘れなく。」

映画やドラマのシリアスな演技から一転、とてもコミカルでチャーミングな表情の俳優・愛猫家のコックスさんとパッチスのかけ合いをどうぞ!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:PETA (People for the Ethical Treatment of Animals) 

スポンサーリンク