「命」を諦める選択とは?1匹の子猫が教えてくれた奇跡

「命」を諦める選択とは?1匹の子猫が教えてくれた奇跡

目の前にある「命」を諦めろと言われたら、あなたはどうしますか?元気でご飯もモリモリ食べて、遊んでいるのにです。たとえ獣医師から「無理」といわれても奇跡は起こせる!今回はそんな事実を私たちに教えてくれた1匹の子猫のお話です。是非ご覧ください。

5540view

引き取った4匹の子猫たち

このまますくすく育つと思っていた

福井の譲渡型保護猫カフェ しあわせにゃん家さんは2019年7月2日に生後1ヶ月ほどの4匹の子猫を引き取りました。手であげるとご飯を食べ、元気もあります。このまま順調に育つものと思っていました。

預かりさんのお宅へ

子猫たちはしあわせにゃん家さんの自宅療養部屋に移動しました。でもそこには別に、既に5匹の子猫たちがいます。さすがに9匹のお世話は大変です。

そこへ預かりさんの「預かりましょうか?」という優しい声がかかりました。そのご厚意に甘え、4匹の子猫たちをお願いすることになりました。

元気に過ごす子猫たち

1匹の子猫の様子が…

預かりさんのお宅でも元気に過ごしていた子猫たちですが…。1匹の子猫の「息がおかしい」と連絡が入ります。すぐ病院に連れて行ってもらいました。

病院にて

病院で診察して貰ったところ「肺が真っ白になっているから、この子猫は無理」といわれたそう。子猫は片方の肺が機能していなかったのです。

戻ってきた2匹

命を諦めるって?

預かりさんのお宅にいた、肺が悪い子猫せいくんとその兄弟猫のほしくんがしあわせにゃん家さんの元へ帰ってきました。

片肺が機能していないくてもせいくんはとても元気です。懸命に生きている命を諦めるなんて…。このまま何もせずに弱って死んでいくのを見ているしかないのでしょうか。

確かに治療にはお金がかかります。ましてや治るかさえも分からない。保護活動で常にかつかつの状態でせいくんにだけお金をかけるのも難しいです。でも、助けたい…。

そんな葛藤の中でしあわせにゃん家さんは何日も悩みます。

悩んだ末のセカンドオピニオン

悩みに悩んだ末、別の病院へ行くことにしました。診察して貰ったところ、やはり「肺が真っ白で治るかどうかは分からない。でも、治療してみましょう」という獣医師の言葉が。

この時既に3つの病院で無理だといわれていました。セカンドオピニオンどころじゃないですね。でも前向きな獣医師の言葉に力を貰ったしあわせにゃん家さんです。

諦めないと決めたしあわせにゃん家さん

ひょうきんなせいくん

呼吸が早いこと以外は他の猫と何ら変わりがないせいくん。実はとってもひょうきんなのです。

ある時はトイレの砂に潜り込み、目の下に猫砂を付けて出てきました。視界の邪魔ではないのでしょうか?

こんな姿を見たら誰だって、このまま諦めたくない、生きていて欲しいと願うはず。

週1回の病院通い

せいくんとしあわせにゃん家さんは頑張って、週1回病院へ通います。それでも数値は全く良くなっていません。

不安を感じるしあわせにゃん家さんですがそんな気持ちを慰めるかのように、当のせいくんは他の子猫たちと一緒にバクバクとご飯を食べます。

みんなに混ざるとどれがせいくんなのか、しあわせにゃん家さんすら見分けがつきません。

希望が!

そんな日々を過ごすうち、ついに女神が微笑みました!数値が良くなってきたのです。そして元気に遊ぶようにもなってきました。

自宅療養

度胸があるせいくん

他の子猫たちが次々とカフェデビューする中、せいくんはまだできません。そこでしあわせにゃん家さんの自宅で過ごすことになりました。

意外と度胸があり、堂々と座り心地の良さそうなクッションを陣取っています。

腸が悪い兄弟猫のほしくん

腸が悪いせいくんの兄弟猫、ほしくん。やはりせいくん同様、面白い性格をしています。しあわせにゃん家さんの肩に乗り、耳の中に入ろうと苦戦。微笑ましいです。

ご主人の食事中には頭の上でくつろぎます。それを物ともせず、普通に食事を進めるご主人。迷コンピってやつでしょうか?

とっても仲良しな2匹

せいくんとほしくんはとっても仲良しです。2匹で遊んでいる姿を見ると、とても体が悪いとは思えません。カフェデビューさせてあげられることを望むしあわせにゃん家さん。

しあわせにゃん家さんの家の猫たちにも馴染み、とても仲良しになりました。先輩猫たちに優しくしてもらいます。愛情にたっぷり包まれて、幸せそうです。

いたずらっ子せいくん

実はせいくんは結構ないたずらっ子のようです。ある時はカゴの中に隠れ、家族が探しまわるのをじ〜っと観察していたそう。猫あるあるです。このしたり顔がいたずらっ子を物語っています。

念願のカフェデビュー!

まだ薬は必要ですが、せいくんの容体は安定してきました。そして2019年12月についに念願のカフェデビューです!

せいくんは迷惑そうなほしくんをよそにペロペロと舐めまくり、他の猫をキックするなど元気すぎるくらい元気に過ごしています。

2020年4月に撮ったレントゲンでは、真っ白だった肺がすっかりキレイに。機能していなかった肺が動いています。数値が高いためにまだ様子見は必要ですが、獣医師に「無理」といわれても諦めなかったしあわせにゃん家さんの完全勝利です!!

まとめ

まだ小さな小さな命なのに、病気があるなんて…。この世は過酷です。でも問題がある時それにどう立ち向かうかが大事なのではないでしょうか。

たとえ3つの病院で「無理」といわれても諦めなかった1つの命。今ではとっても輝いています。もしあの時、諦めていたら…。今のせいくんの元気な姿はなかったでしょう。

そしてきっとこれからせいくんには優しい里親さんが見つかり、さらなる勝利を収めて行くことでしょう。

いつでも里親さん募集中です!苦難を乗り越えた勇ましいせいくんの姿を、是非ご覧ください。

※こちらの記事は情報掲載者より許可を得て掲載しております。
 掲載者名:譲渡型保護猫カフェ しあわせにゃん家

譲渡型保護猫カフェ しあわせにゃん家

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
http://shianyan.com/

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/shiawasenyanchi/

▼▼ 公式Twitterはこちら ▼▼
https://twitter.com/shiawase_nyan

▼▼ 公式Instagramはこちら ▼▼
https://www.instagram.com/shia_nyan/

スポンサーリンク