ゴミ袋に棄てられた子猫デンとの運命的な出会い

ゴミ袋に棄てられた子猫デンとの運命的な出会い

4年前の春、市のゴミ袋から生まれたばかりの茶白の猫を救出しました。当初、ある程度まで育ててから里子に出すつもりでしたが……家族全員、子猫にメロメロに!小さな命がかけがえのない家族の一員となるまでの日々をまとめました。

1471view

あの日、あの時間に犬の散歩に出かけなかったら

我が家には今年7歳になる犬(ミニチュアシュナウザー♂)がいます。4年前の早朝、夫がいつもと同じように、出勤前の散歩に出かけました。

そして途中、ゴミの集積場所を通り過ぎようとした時のこと。犬が、しきりにゴミ袋を気にしたそうです。普段とは違う様子に、夫がゴミ袋の山に近づいたところ、一つの袋から、猫の鳴き声が!それも必死に、訴えかけるように鳴いていたそうです。

慌ててゴミ袋の口を開いたら、伐採された庭木の枝の中に、小さな小さな茶白の子猫が埋もれていたのでした。

被毛はボサボサ、臍の緒もついていました

生きようとする力

犬の散歩バッグに入れて連れて帰ってきた子猫は、本当に小さくて、手のひらにちょこんと乗るくらいの大きさでした。当然まだ目は開いておらず、なんと臍の緒もついたまま。毛は濡れて薄汚れ、震えて、それでもひっきりなしに鳴いています。お母さんを探している、そして、生きようとしている、と強く感じました。

私たち夫婦は、靴の空き箱にタオルを敷いてその子を入れ、動物病院に連れて行きました。生後2、3日で性別はまだ不明。基本的な子猫のお世話方法を教えてもらい、病院で使っている哺乳瓶と子猫用ミルクをいただきました。なんと、診察代はかかりませんでした。

病院の先生は、小さな命をゴミ袋に詰めて捨てる人がいることに怒っていました。そして、子猫のお世話は目が離せず大変だから、もし出かける用事がある場合は病院で預かる、里子に出したいなら病院内に張り紙をしたらどうか、とも言ってくれたのです。

家族全員で交代でミルクをあげる

最初は、里子に出すつもりでいました。我が家には犬がいたからです。それまでは母猫がわりに一生懸命に世話をしようと決め、家族で協力しました。以下は子猫のお世話で大変だったことです。

  • 夜中も含め2時間置きの授乳。少しずつしか飲めないので、その度に哺乳瓶の消毒と、ミルクを適温にする(人間の赤ちゃんと同じですね)。
  • お尻を刺激して排泄させる。何度か便秘になったので、綿棒で軽く刺激したり、どうしても出ない時は病院に連れて行き、先生に出してもらいました。
  • 体温調節。まだ朝夕は肌寒い時期だったので、タオルの下の一箇所にカイロを入れて、体温調節ができるようにしました。
子供のお古のフリースの袖の中で、あったかすやすや

体重は、保護当時100グラム弱だったのが、順調に増えていきました。そうして目が開く頃には、家族全員が、この子猫の可愛らしさに、すっかり心を奪われてしまっていたのです。

どこでも無防備にヘソ天で眠る

先住犬とも仲良しに

家族に迎え入れる決め手は、やはり犬でした。もともと穏やかで優しい犬ですが、猫のことも受け入れ、上手に遊んでくれるようにまでなったのです。猫の方も、犬を仲間だと思っているのか、甘えたり、時にはケージの中で一緒に寝ることも。

性別は、オスと判明。そこで、「デン」と名付けて、最後までうちで面倒をみよう、ということになりました。名前の由来は、小さな体なのに生きる力が強く、堂々と、デーンとしていたからです。

好奇心旺盛、少し大きくなると、階段もさっさと上っていく

すくすく育って、健康でいてくれることが幸せ

生まれてすぐに人間に育てられたデンは、ヤンチャながらも、甘えん坊な子です。ミルクを哺乳瓶で飲ませ、離乳食を手から食べさせたせいか、水も、器よりも人の手で飲ませてもらうことが好きです。人間の後追いをして、抱っこをせがみ、一緒に眠り、時には熱心に家族のおでこをなめてくれます(けっこう痛い、痛いけど幸せ)。

成長した今でも、ワンコの兄貴の毛繕い

まとめ

あの日犬の散歩が違うルートだったら、時間がもう少し遅かったら、など、考えると胸が苦しくなります。デンを見つけることができて本当に良かったと思うと同時に、人知れず葬り去られる不幸な猫がいなくなるように、願ってやみません。

いまだに、ゴミ置き場の側を通る時はなんとなく耳をすませてしまいます。私たち家族がデンを救出したのですが、実際は、デンにもらっている幸せの方が何倍も大きい。出会えたこと、デンの存在そのものに、感謝する日々です。

堂々としたイケニャンに

スポンサーリンク