明日殺処分の子猫7匹を救え!幸せな里子になるまでを追う〜その3〜

明日殺処分の子猫7匹を救え!幸せな里子になるまでを追う〜その3〜

殺処分直前で救出された7匹の子猫たち。今回はそのうちの1匹、交通事故による大ケガを負った黒猫、ふくちゃんが幸せになるまでを辿ってみましょう。果たしてふくちゃんのケガは良くなったのでしょうか?

3842view

これまでの経緯

愛媛の保健所に、殺処分寸前の7匹の子猫たちがいました。それを知った福井の譲渡型保護猫カフェしあわせにゃん家さんは車で7時間かけて救助に向かいます。

前回の様子は、「明日殺処分の子猫7匹を救え!幸せな里子になるまでを追う 〜その2〜」でご紹介しました。

そこで出会った黒猫のふくちゃん。「ふく」という名前はしあわせにゃん家さんがこの子の幸せを願ってつけた名前です。

動かない子猫が1匹

瀕死の状態

保健所についたしあわせにゃん家さんは7匹の子猫たちを引き取りました。そのうちの1匹が全く動かないことに気がついたのです。どうやら頭にひどいケガを負っている様子。

もしかしたら福井まではもたないかも…。そんな不安が頭をよぎります。少しでも人の温もりを感じて欲しくて危険は覚悟でふくちゃんを膝の上に乗せながら、車を走らせ福井へ帰ります。

必要な対処を行う

幸いにもふくちゃんの尊い命は消えませんでした。自宅の療養部屋にてホッカイロで温めます。しあわせにゃん家さんの温かい気持ちと愛情、そして体を温めたことが良かったのでしょう。

ご飯を食べられるように

ふくちゃんは他の子猫たちと一緒にご飯を食べられるようになりました。少し安心です。このまま元気を取り戻してくれることを祈ります。

病院へ

交通事故での大ケガ

保護した次の日、ふくちゃんを病院へ。交通事故により後ろ足の関節が外れ、目の上が大きく切れてしまっていました。大ケガです。

体力のない子猫のことです。まだまだ安心できない状況が続きます。

適切な治療で元気に

点滴や注射、投薬などの適切な治療のおかげで、ふくちゃんの体は徐々に回復して行きました。お顔も保護当初と違い、目に輝きが戻ってきたように感じます。

少しずつ回復

自分より小さな子の面倒まで

自分よりも小さなわたあめちゃんの面倒を見るふくちゃん。自分も大ケガで大変なのに、下の子のお世話をするなんて泣けてきます。エライですね!

そんな姿にしあわせにゃん家さんの目にも涙が…。命の素晴らしさを教えてくれます。

遊んで元気いっぱい!

元気を取り戻してきたふくちゃん。元気いっぱいおもちゃや仲間たちと遊びます。やはり子猫は元気なのが一番ですね。夢中になって遊ぶ姿が微笑ましいです。

甘えん坊のふくちゃんはいつもゴロゴロ言ってしあわせにゃん家さんに可愛がって貰います。これもとても子猫らしい行動です。

傷もキレイに

元気になるにつれ、目の上のケガも治ってきました。被毛も生え、つやつやになっています。しあわせにゃん家さんの愛で、身も心も健康になってきました。

里親さん現る

美猫になったふくちゃん

手厚いお世話を受け、すっかり回復したふくちゃんはシュッとした美猫になりました。黒いつやつやの被毛と胸元の白い毛がステキです。黄色の目も賢そうですね。そんなふくちゃんについに、お声がかかりました。里親さんが決まったのです。

先住猫さんと仲良しに

里親さんのお宅で先住猫さんと仲良しになったふくちゃん。これからはずぅ〜っと、ずぅ〜っと幸せな暮らしが待っているのです。

まとめ

交通事故により大ケガを負ってしまったふくちゃん。加えて殺処分寸前とお先真っ暗な状況でした。しあわせにゃん家さんが駆けつけてくれるまでは。

そこから猫生が大きく変わりました。今では里親さんの元でたっぷりの愛情に囲まれ、幸せに暮らしています。全ての猫がそうなるように、私たちにできることはして行きたいですね。

ふくちゃんが幸せを手にいれる軌跡は下記の動画からどうぞ!見ることが支援につながります!

※こちらの記事は情報掲載者より許可を得て掲載しております。
 掲載者名:譲渡型保護猫カフェ しあわせにゃん家

譲渡型保護猫カフェ しあわせにゃん家

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
http://shianyan.com/

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/shiawasenyanchi/

▼▼ 公式Twitterはこちら ▼▼
https://twitter.com/shiawase_nyan

▼▼ 公式Instagramはこちら ▼▼
https://www.instagram.com/shia_nyan/

スポンサーリンク