うちの元保護猫が『アイドル』をやめた理由

うちの元保護猫が『アイドル』をやめた理由

愛護センターでバツグンの接客をしていた、人にも猫にも人気のアイドル猫「黒子」。そんな黒子を我が家に迎え入れたら"ある変化"が起きたのです。

1070view

動物愛護センターでアイドルしてましたのニャ

保護猫「黒子」

多頭飼育崩壊の末、動物愛護センターにやってきたメスのサビ柄猫のお話です。猫は、「黒子」と名付けられました。

寒い小屋の中にぎゅうぎゅうに猫がつまっていた環境から保護された黒子。お腹には赤ちゃんがいて、センターで無事出産と育児を終えました。

保護された当初から、誰に対してもゴロゴロとのどをならし、撫でられることがこの世で一番の幸せ!と言っているように目を細める猫でした。性格は、きわめておっとり。動きもゆっくり。どんな猫とも仲良くできる子です。

動物愛護センターにやってくる猫は、人を怖がる緊張した子ばかり。黒子はそんな猫たちをリラックスさせてくれるありがたい存在です。

サビ猫

アイドルのような黒子

そのコミュニケーション能力を活かし、黒子はセンターを訪れるお客様と触れ合ってくれます。また、保護猫を人間に慣れさせる協力もしてくれます。

まるでアイドルのように黒子は可愛がられました。しかしセンターは家ではありません。黒子にも安心できる家を与えてやりたくなった私は、黒子を家族としてお家に迎え入れました。

すると黒子に変化が……!

ベージュ猫と寝る黒子

本当の家族を知ったのニャ

新しい生活の始まり

我が家での新生活をスタートした黒子には、新しい家族ができました。同時に迎え入れた弟分の茶トラ猫「ヤン茶」と、

茶トラ猫とサビ猫

同じ頃産まれた赤ちゃんです。

赤ちゃんとサビ猫

黒子は、保護されたばかりでびくびくしていたヤン茶を、持ち前のコミュニケーション能力ですぐにリラックスさせました。赤ちゃんの様子も母親だったこともあり、ベビーシッターよろしくかいがいしく見守ってくれます。

さすが黒子だなあ、と感心していたと思ったら…?明らかに変化が現れたのです。我が家に来てからも、黒子はボランティアとして愛護センターでお客様と触れ合い活動をしていました。

しかし、徐々に活動に対して積極的でなくなっていきました。以前は自分からお客様の足元に行き、お腹を見せて「撫でて」ポーズをしていました。今ではケージから出てこなかったり、人の手の届かないところで寝ていたりします。

私は、ハッ!としました。「そうか、黒子はもううちの子だからね。もう、必要ないのかな?」アイドルだった黒子はみんなの愛情を求めて活動していたのかもしれません。

我が家の中では変わらず「撫でて」ポーズ健在です!センターでアイドルでなくなった黒子ですが、そのぶん、我が家での愛情に満足しているのかも、と思えたのでした。

お腹を見せるサビ猫

どこでもアイドルは、我が家限定のアイドルに

変わらないコミュ力!

愛護センターでは触れ合いを積極的にしなくなりましたが、我が家の中では変わらずのコミュ強っぷりです。我が家に訪れたお客様には撫でてもらおうと忍び寄り隙を見てスリスリ…。かなり大きいゴロゴロ音に皆さま驚かれます。猫好きのお客様に大変喜ばれるので、ありがたいのです!

茶トラにキスするサビ猫

家族のなかでも最高の人気者

愛護センターでは老若男女の人間にも猫にも好かれていた黒子ですが、今は家族からとても愛されています。ヤン茶と赤ちゃんにも抱きつかれています。

赤ちゃんに抱きつかれるサビ猫

黒子自身も暖かい寝床や満足するご飯だけでなく、いつも変わらない愛情が得られる家族がいるおかげか、毎日のんびり幸せそうに過ごしています。

茶トラに抱きつかれるサビ猫

首が…伸びている…。気持ちよさそうですね。猫の可愛い寝姿は、最高の癒しです。

寝相悪いサビ猫

まとめ

道端で会う野良猫が撫でるとゴロゴロいってくれたら、嬉しいですよね。でも、それが愛情を求めての行為だとしたら少し切ないですね。たくさんの猫たちが愛情に満足してゴロゴロといえるといいなと、願ってやみません。

サビ猫

スポンサーリンク