遺体に見える損傷激しい猫…奇跡の復活を遂げた姿に感動!

遺体に見える損傷激しい猫…奇跡の復活を遂げた姿に感動!

何者かに襲われて全身を負傷、敗血症性ショック状態に陥った野良猫が病院に緊急搬送されました。懸命な治療が功を奏し回復したボーイ、里親さんの元での暮らしぶりはどのようなものなのでしょうか。

3149view

体の中も外もボロボロ

緊急医療処置

ボロボロな状態で道端から病院に搬送された猫。白黒八割れの「ボーイ」はいわゆる野良猫です。「攻撃されて(attacked)」と説明されますが、誰が(人?猫?犬?野生動物?)どんなふうに攻撃したのかは不明です。ボーイは「敗血症性ショック」におちいっていました。臓器に血液が十分に供給されず、内臓が機能不全に陥って命にかかわる状態です。

この状態の猫を道端で見たら、多くの人は「ああ、かわいそうに、猫が死んでる」と通り過ぎるのではないでしょうか。まだ息があることを確認して病院に連れて来てくれたのは、スペインの保護団体LetsAdoptでした。

体じゅうにケガをしています。傷口からうみを洗い流します。

口元の洗浄中も、頭がガクン、ガクン。とにかく全身くまなく洗浄していますが、まるで壊れたぬいぐるみのよう。もしかしたらすでに麻酔を打ったのかもしれませんね。

レントゲン写真で骨の状態を確認。骨折もあるのでしょうね。

後足は手術を行いました。下の静止画で、医師(あるいは看護師)は口の中の状態を見ています。動画ではここでやっと、猫のお腹が呼吸で上下しているのが見えました。

この足を救えるかどうか。懸命の治療が続きます。

そして数日か数週間後…。ボーイの意識がある!差し伸べた手に「シャーッ」だって。野良ですものね。威嚇する元気が戻ってきたのです!シャーッも嬉しい!

まだ足は体毛をそってはげていますが、もうさっそく、名乗りを上げてくれた里親さん宅に行くようですよ。そこまで回復したんですね!

なんと、イカ耳の猫さんと、ウサさんもいるお宅!チャレンジャ~。

どうする、元野良、ボーイ!?そしてケガの様子はいかに?

その後

猫缶パッカンでボーイを誘うと、ボーイはゆぅっくりと出てきて…完食。足ははげてますが、歩いています。もちろん最初の引きこもり状態でじとーっと辺りを見回す時間もあり、そして…。

動画の後半は、元野良のボーイが新しい家庭に少しずつ馴染んでいく様子が、それはもう素敵に記録されています。先住の猫、ウサギの両名との対面はいかに!?

里親さんご夫婦の何とも言えないやさしい笑顔に、見ている私たちも癒されそうですよ。

動画を見ることは保護支援にもつながります!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Viktor Larkhill (LetsAdopt)

スポンサーリンク