壁の中に3匹の乳飲み猫が…家族と再会し迎えた意外な結末とは?

壁の中に3匹の乳飲み猫が…家族と再会し迎えた意外な結末とは?

生まれてから間もない子猫たちがなんと壁の中から救出されました。本来なら近くにいるはずの母猫の姿が見えず、このままだと命の危機が…。果たして子猫たちはどうなってしまうのでしょうか?幸せになるまでの軌跡を辿ってみましょう!

2212view

ガソリンスタンドでの出会い

子猫の鳴き声が…

それは2017年7月のこと。大阪の保護猫シェルターhibinecoさんが立ち寄ったガソリンスタンドで、どこからか子猫の声が聞こえてきました。スタンドの方の話によると2日ほど前から聞こえていたそうです。

許可を得た上で探すも見つからず、出勤時間が迫っていたhibinecoさんはガソリンスタンドの方にお願いして子猫を探して貰うようにしました。

壁の中から発見!

ちょうど仕事が終わるその時に、一本の連絡が。なんとスタンドの整備スペースの壁の中に子猫がいたというのです。優しいスタンドの方たちは壁を破って子猫を救出。そこには3匹のまだ目も開いていない小さな小さな乳飲み子たちがいました。150gにも満たない小ささです。

母猫はいずこ

見つからない母猫

こんな小さな子猫がいるということは近くに母猫もいるはず。とhibinecoさんは探します。スタンドの方の話によると、近くのマンションにいつもゴミを漁っている猫がいるとのこと。

きっとそれが母猫だと思われるので、保護して子猫たちを育てて貰わなければとhibinecoさんは考えます。まだ母猫が育てた方が良い段階だったからです。でもその時は残念ながら見つかりませんでした。

ひとまずはhibinecoさんが面倒を見る

母猫が見つからないからといって子猫たちを放っておくわけにはいきません。ミルクを飲ませます。この年はシェルターを開設したばかりでとても忙しい日々を送っていたhibinecoさん。できれば乳飲み子は来ないようにと思っていましたが…。そうは問屋が降ろさないようです。

母猫らしき猫を保護するも…

子猫たちを保護した日の深夜、母猫を探し回りました。スタンドの方が言っていたマンションのゴミ置場に行くと、小さめのキジトラ猫がゴミ漁りの最中。

人懐こい子でhibinecoさんが声をかけると近寄って来て、そのまま抱っこされ保護されました。でもその猫はなんと!男の子だったのです。どうやら、子猫たちの兄弟猫のよう。ピンスくんと名付けられました。

母猫の不在

すくすく育つ子猫たち

母猫不在のままhibinecoさんの手厚いお世話によってすくすくと育つ子猫たち。開いていなかった目が開く時は、「いつの間に?」という感じだそうです。それはそれは感動的なことのようで…。これは育てた人にしか分からない感動ですね!

子猫の育て方とは

まだまだ小さい乳飲み子のお世話は大変なイメージがありますし、実際に大変ではあります。でもミルクや排泄などの注意点に気をつけながら育ててみると、きっとその手間以上のものを受け取れるでしょう。

もし乳飲み子を保護したら、詳しい方に聞きながら育ててみては?とhibinecoさんからのメッセージです。

すっかり馴染んだピンスくん

母猫と間違われ保護されたピンスくんはシェルターのキジトラ部屋にすっかり馴染み、お友達と仲良く過ごします。

子猫の成長日記

命名

目が開いた子猫たちは全頭女の子。つぶらな瞳がはっきりしてくると顔の違いが良く分かるので、それぞれの特徴をhibinecoさんは名前につけてあげました。三姉妹の名前は「メメワタ」「ミーマル」「ブイブイ」です。

世界が広がる子猫たち

どんどんとたくましく育って行く子猫たち。ついにそれまでいたクレートの中から自ら出る日がやって来ました。壁をよじ登り外の世界へ飛び出します!

母親探し

見つかった母猫

三姉妹が順調に育つ中、hibinecoさんは母猫を探し続けます。実はマンションや居酒屋のゴミを漁る母猫をすでに見つけていたのです。

子猫たちの謎の遊び

その間、子猫たちはお互いに威嚇し合うという謎の遊びを繰り広げていました。これもきっと大人になるための準備なのでしょう。

ようやくの保護

ついに、この時がやって来ました!9月にようやく母猫を保護したのです。初めに子猫たちを保護してから約2ヶ月が経っていました。

そして驚くことに母猫はなんと、三姉妹と同じ歳の子猫を2頭連れていたのです。こちらは2頭共男の子。まとめて保護です。

母猫が人慣れしていないので、当然その子猫たちもhibinecoさんを警戒します。母猫をミニー、子猫をチップとデールと名付けました。hibinecoさんに育てられ甘えたな三姉妹とは対照的に、こちらの3頭はあまり触らせてくれないそうです。仕方のないことなのでしょう。

まとめ

結果的に6頭もの保護となった今回のhibinecoさんの猫活動。三姉妹の里親を探しましたがなぜか声がかからず、そのままhibinecoさん家の子になりました。きっとそういう運命だったのでしょう。

母猫がどのような理由で三姉妹の側にいなかったのかは分かりませんが、hibinecoさんとの出会いで救われました。そしてその家族ごと丸ごと救うという偉業を成し遂げたhibinecoさん。「どんな子も安心して暮らせる場所に恵まれますように」と願います。

目が開く前から開いた後、そしてやんちゃ放題な三姉妹の可愛すぎる様子は、動画でじっくりチェックできますよ!

※こちらの記事は情報掲載者より許可を得て掲載しております。
 掲載者名:hibineco/保護猫シェルター

hibineco/保護猫シェルター

▼▼ 公式Instagramはこちら ▼▼
https://www.instagram.com/hibineco/

▼▼ 公式Twitterはこちら ▼▼
https://twitter.com/hibineco11

▼▼ 公式ブログはこちら ▼▼
https://hibineco.hatenablog.com/

スポンサーリンク