こんなにスムーズでいいの!?母猫と生後1週間程度の子猫たちの保護

こんなにスムーズでいいの!?母猫と生後1週間程度の子猫たちの保護

猫の保護はたいてい、逃げる・隠れる・ひっかく・咬むという抵抗をどうやって回避するかにかかっています。今回、人に慣れている母猫と6匹の子猫たちの保護は、そういった問題が皆無。いたってスムーズでした。

689view

缶詰に、母猫まっしぐら。

通報・発見

猫の親子の保護依頼で、保護団体HOPE FOR PAWS が現場にかけつけました。テラスの片隅に段ボール箱で居場所を作ってあげています。見た目はしょぼいですが、親切に世話をしてあげたのですね。

保護依頼をした人がこの親子を見つけたときには、すでに子猫のうち1匹が亡くなっていたそうです。残念…。

母猫のおなかに子猫たちが吸い付いています。

接近・保護

人を恐れない母猫でラッキーでした。缶詰をパッカン!して差し出すと、まっすぐに寄ってきてペロペロ、パクパク。以前は飼い猫だったのかなあ、と思わせます。

母猫はこのままで大丈夫と見て、子猫たちを先に集めることにしました。何匹いるのかな?

子猫の近影、見たいですか?見たいでしょう?見たいでしょう?

どうぞ!小さな肉球つき!この子は目が開き始めていますが、他の子たちはみんなまだですね。

白っぽい子、茶トラ、三毛に、キジトラ?カラフルな子猫たちが、全部で6匹いました。1匹ずつキャリーケースに移している間、母猫はずっと缶詰に夢中。そこまで安心してくれているのはよかったです。彼女のお尻を押して、子猫たちと一緒にケースに入れました。ここまで警戒しない猫は珍しいでしょう。

ケア

病院に到着して、この落ち着いた母猫を「ネフェルティティ」と名付けました。

子猫たちはおなか一杯です。生まれてすぐの子猫たちの頭は「ピンポン玉」ですよね?

2カ月後

少し時間がたちました。子猫たちは猫らしくなりました。それぞれの名前が気になる人は、動画の4分13秒を見て!

それから

母猫ネフェルティティと6匹の子猫たちはみんな健康で、里親さんとの出会いを待っています。

ピンポン玉たちの成長具合を動画でご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

スポンサーリンク