「子猫ハンター」が見つけた強気な子猫と、のんびり迎える先住猫たち

「子猫ハンター」が見つけた強気な子猫と、のんびり迎える先住猫たち

夜間のゴミ捨て場で犬たちが子猫を発見。保護してシェルターに連れ帰ると、緊張から強気に攻撃してきますが、他の猫たちは新参子猫の登場にも、どこまでものんびり構えています。

441view

人間、しつこい!ブシャ!

発見

ギリシャ・クレタ島の保護施設タキス・シェルター近くのゴミ捨て場で子猫を発見。親猫らしい黒猫はさっと逃げてしまい、子猫を保護することにします。

できれば後日、親猫も保護して避妊したいですね。

保護

子猫は背の低い木に登って生い茂る葉っぱに隠れています。中央にぼんやりとのぞく子猫の顔がわかりますか?

捕獲用の手袋とケージを持ってきました。よくこの暗がりで、黒い子猫をまた見つけますね。犬たちが臭いで見つけてくれるようです。

「ちょっと待ってくださいね」と視聴者に断って、子猫をつかまえるためにスマートフォンを横におきます。

次の場面で、子猫はすでに網の中。

タキスさんは子猫を避妊・去勢の後、この場所に放すか、シェルターの猫部屋で暮らさせるかちょっと考えます。数日前に、同じ場所で他の黒猫も発見して保護したそう。たぶん、きょうだい猫なのでしょう。

子猫は、猫部屋に連れて行くことにしました。

子猫を無事にキャリーケースに入れました。力強く「ミャオウ」と鳴きます。「何だよ!放せよう!」

このお2人さんが「タキスさん、ここにいますよ、ここ、ここ」と教えてくれる子猫ハンターです。

シェルター

シェルターの猫部屋に到着しました。キャリーケースを開けて、食べ物を押し込みますが、緊張した子猫はまだ食べるどころではありません。

タキスさん、よせばいいのに「わかる?これ、人間ね」と手を差し入れると案の定…。

「ブシャ!」と1発、猫パンチ食らいました。指に少し切り傷ができたようですよ。チャレンジャーすぎます。もう少しそっとしてあげればいいのにと思いますが…?

「No pain, no gain.(痛みなくして得るものなし)」なんて格言めいたこと言って、「友達になろうね」と、さらに「指攻撃」を加えます。子猫にしたら、毛むくじゃらのヘビかなにかに見えるんじゃないですか?

全部で3発食らったところでやっと「OK, OK!わかったよ」と引き下がりました。もー、指先、血が出てるって!

そしてこの子が、先日同じ場所で保護した子猫。おそらくきょうだいでしょうね。

タキス・スピリットが猫にも伝染しているのか、ここの猫たちはいたってのんびりムードです。開けておいたキャリーケースには、三毛子猫があっさりと入って行きました。新参子猫もきっとすぐ、「のんびり」を身につけることでしょう。

動画を見ることは保護支援にもつながります!

その後

環境適応能力の高い子猫のこと。あまり心配はないと思います。実際、翌日の様子もアップされました。大人猫の横で一生懸命食べて、そしてまたしても「仲良くなろうねえ」と迫ってくる指に、もう流血パンチはお見舞いしません!

翌日の様子はこちら。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Takis Shelter

スポンサーリンク