生後たった7日で迎えた初めての保護子猫。たった1ヵ月で驚きの成長!

生後たった7日で迎えた初めての保護子猫。たった1ヵ月で驚きの成長!

生後1週間で我が家に来てくれた 保護子猫のゆずですが、たった1ヵ月で、驚く成長を見せてくれています。初めての猫との生活をする中で、日々驚きの連続です。当然ながら、本やネット人から教えていただいたこととは全く違うことも多く、勉強させてもらっています。

1334view

我が家に来てくれたゆずくん

現在のゆず

犬しか飼ったことがなく、一度は猫とも生活をしてみたいとは考えていましたがなかなかそういった機会はありませんでしたが、ついにフェイスブックで見た保護子猫の里親に立候補して我が家に迎え入れることとなりました。名前は「ゆず」。男の子です。

この時初めて知ったのが、ペットショップで猫を購入すると、生後2ヵ月以降でワクチンを終えてから迎え入れることが基本ということ。

今思えば、犬も同じですよね。でもそういったことさえも知らない状態で、お迎えしてしまったことは大きな反省です。

我が家に来た初日の体重は、200gでした。1ヵ月過ぎて今の体重は、900gを超えもう少しで1キロになりそうです。

驚きの成長①

カリカリを食べるゆず

ミルクを与えることに可愛さも喜びも感じつつ、夜中の眠さとも格闘しながらやっていましたが生後3週目を迎えた頃、ゆずが哺乳瓶の先を噛みちぎってしまいました。

「乳歯が生えてきているな」とは感じていたのですが、昨日より今日と想像以上の歯の成長によりあっという間の出来事でした。

試しに離乳食を与えてみると、手伝いなしで自分でお皿から食べてしまいました。そんなことを1週間もしていると、今度は離乳食でなくカリカリのフードを食べてしまい、離乳食を食べることをしなくなってしまいました。

当然、水も自分でお皿から飲み、色々と教えてたり手伝いをしたりするものと考えていた事は何もないままで過ぎてしまいました。

驚きの成長②

猫ちぐらに入るゆず

トイレのお手伝いもミルク同様に最初の1週間は行っていましたが、試しにお尻を拭いたティッシュを用意した猫砂のトイレに置いて一晩様子を見てみましたら、次の日には自分でするように。最初は下手だった砂かけも、今では立派にできるようになってしまいました。

失敗することもあると聞いていたので不安に思っていましたが、一度の失敗もなく、今では2箇所に置いてあるトイレをうまく使い分けてくれています。

犬のトイレの躾の時には、随分と苦労をした覚えがあり拍子抜けしてしまうくらいあっという間の出来事でした。

驚きの成長③

キャットタワーのゆず

4週目くらいになると随分と行動範囲が広くなり、飛んだり跳ねたりする姿が見られました。

ケージでは狭いので、広めのフェンスで囲ってその中を好きに動けるようにしていたのですがある夜、ペットカメラで見ていると高さ50cmのその柵をジャンプして前足を引っ掛けて、飛び越えていくのです。

慌てて捕まえてフェンスの中に入れるのですが、一度できてしまったことは止めさせることはできず、結局フェンスもなしとなってしまいました。

そんなこともあり、キャットタワーを購入。キャットタワーでは生後3〜4ヵ月で遊ぶようになると聞いていたので心配もしましたが、用意したその日のうちに一番上まで登り、今では寝る時も一番上のベッドで休むようになっています。

落ちることもなく、上手に登ったり降りたり、結構なスピードで楽しんでいます。

現在の様子

先住犬との対面

そんな感じに驚きの成長スピードのゆずですが、先住犬のダックスとはまだ仲良くとはなれていません。

ダックスの姿を見ると固まってしまい、動くこともできないようになってしまいます。

毎日、少しの時間対面させるようにしていますが、これは焦ってもどうしようもないことなので少しずつ慣れてくれればと思っています。

まとめ

キャットタワーのゆず

子猫の成長は早いとは聞いていましたが、こんなに驚きの毎日なのだとは考えもしていませんでした。

それぞれの個体差はあるのかと思いますが、もともともった猫の習性の素晴らしさに感動させられる毎日です。

そういった経験も勉強もあの時、保護子猫の里親のチャンスに出会うことができた縁だと思っていますので、より責任を持って一緒に生活していくことができればと考えています。

スポンサーリンク