大声を張り上げて、自分の命を救った子猫。幸せになってね。

大声を張り上げて、自分の命を救った子猫。幸せになってね。

またしても、地面の下の穴に隠れる子猫が発見されました。何人もの人が、大声で鳴く子猫を助け出したい一心で、保護団体と協力します。

1109view

子猫が子猫の鳴き声に反応

通報・発見

またしても、町なかの「排水管に子猫」の救助依頼が、ロスアンジェルスの保護団体HOPE FOR PAWS に入りました。猫は本能的に、狭い管に入ってしまいがちです。

マンホールの下から、子猫の必死な鳴き声が聞こえてきます。

穴に光を当てると、奥に浮かび上がった黒いポッチが、たぶん子猫です。

保護作戦

試しに、ユーチューブで拾った子猫の鳴き声を聞かせて見ました。

するとその声に誘われて、穴から黒子猫が顔を出し、応えるようにギャオ!ミャオ!ミャオ!と大きな声を張り上げます。

子猫の必死な鳴き声には胸がしめつけられますね。

子猫は食べ物には興味を示しません。おなかは減っていないのか、母猫を求めて必死過ぎるのか…。

穴の中に戻って行きそうです。そこで、保護する方法を思いつきましたよ!

その模式図が、これ。

録音された猫の鳴き声に誘われて出てきたところを、上から降ろした網ですくい取るというもの!

…このイラストを見て、私もひとつ、思いつきました。

精巧な猫型ロボットに猫の体臭もつけてケージの中に置き、ロボットは動きながらやさしい声を上げる…。猫仲間!お母さん?と思った子猫が、ケージに入って行く!…どうでしょうか?

ともあれ、子猫が十分に穴から出たところで、瞬時に網を下ろして、穴をふさぎました!

すくうというより、穴をふさぐのが主な目的だったようです。

子猫、穴には戻れない!

素早い動きで右往左往する子猫。

上から伸びてきた手に、ムンズッとつかまりました。

つかまえたオスカーさんと、つかまった子猫の「タコ」。

オスカーさんは、保護団体に助けを求めた人たちの中の1人です。でもこれ、ほら、早くケージに入れた方がいいヤツでしょう?逃げるかもしれないし、ひっかいたり、咬んだりするかもよ~!

あ、でもタコは、オスカーさんの腕のぬくもりに、安心したのかもしれません。ミューンとひと声上げて、おとなしくしています。

キャリーケースに入れて、ホッとしました。

生後5週ぐらいの子猫かな?

大声で助けを求めて命をつないだね、えらい、えらい!

ケア

病院で身体検査をば。

体力は、あれだけ大声を張り上げて証明済みですね。笑

獣医師に、「イッツ・ア・ボーイ」と言われると、タコは「ニャー」と返します。

キトゥンブルーが残る瞳、爪の出し入れもまだ下手っぴのタコ。

2,3日すると、遊び始めましたよ。

それから

一時預かり施設で、タコは里親さんとの出会いを待ちます。

こんな元気でかわいい子、放っておけない候補者がきっと名乗りをあげるでしょう!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

スポンサーリンク