ゴミ箱から発見された子猫は、爆竹をテープで巻きつけ火をつけられていた

ゴミ箱から発見された子猫は、爆竹をテープで巻きつけ火をつけられていた

オーストラリア、クイーンズランド州のある街で、ゴミ箱の中から体をテープで縛られた子猫が見つかりました。救出から現在の様子までをご紹介します。

3620view

ひどい虐待を受けたのちにゴミ箱に捨てられた子猫

通報

2020年7月27日、クイーンズランド州パーク・リッジという街に住む人から、大型ゴミ箱の中に子猫が捨てられているという通報がありました。

RSPCA クイーンズランドのインスペクター、サムさんが駆けつけると、そこには粘着テープの一種である”ダクトテープ”を体に巻かれた茶トラの子猫がいました。

獣医の検査

急いでRSPCAの施設に運ばれた子猫は獣医の検査を受けます。テープを剥がすと、なんと首と顔には火傷の傷があり、爆竹の燃えかすが見つかりました。

爆竹をダクトテープで子猫の体に巻きつけ、火をつけたものと見られます。そして、あろうことか、その後、子猫をゴミ箱に捨てたのです。

発見時、子猫は怯えて震え、放心状態だったそうです。どんなに怖かったことでしょう。

今は安全な場所で回復を待ちます。

犯人

警察は、隣町に住むある男性宅の家宅捜索を実施しました。その結果、大量の花火、爆竹、麻薬、アンティークの銃器が見つかりました。そして救出された子猫の毛と一致する猫の毛が付着したダクトテープ、さらには、子猫につけた爆竹に火をつける様子を撮影した動画が収められた携帯電話も見つかりました。

調査は今も進行中です。

永遠のおうち

子猫は「チャーリー」と名付けられて、インスペクターのサムさんが一時預かりの里親としてお世話しています。そして、回復して里親募集に参加できるようになったら、サムさんが引き取って、一時的な里親から永遠の飼い主さんになってくれるようです。

体重も増え、火傷跡のかさぶたも取れて順調に回復しているチャーリー。ヤンチャで遊び好きな子猫になりました。

サムさんと一緒に幸せに暮らしていけることでしょう。

まとめ

こんなに酷いことができる人間がいることに、言葉もありません。今後の捜査によると思いますが、動物虐待に厳しいオーストラリアですから、逮捕されれば厳しく罰せられるでしょう。

とても酷い目にあったチャーリーですが、これからは安心して伸び伸び成長して欲しいと願うばかりです。

元気に遊ぶチャーリーの様子をぜひ動画でご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:RSPCA Queensland

参考:7news『Kitten found dumped in Queensland wheelie bin had firecracker taped to her body』

RSPCA Queensland

▼ 公式サイトはこちら
https://www.rspcaqld.org.au/

▼ 【売上は全額支援金】オリジナルグッズも販売中!
https://www.worldforpets.com.au/

スポンサーリンク