車にはねられ頭に強い衝撃…両目を失った茶トラ猫が幸せになるまで

車にはねられ頭に強い衝撃…両目を失った茶トラ猫が幸せになるまで

自動車にはねられたと思われる大怪我を負った茶トラ猫が、RSPCA (英国王立動物虐待防止協会) のクリニックに搬送されてきました。大手術を経て回復した茶トラ猫のお話をご紹介します。

1295view

自動車事故で失明した猫ビリー

クリニックへ搬送

茶トラ猫のビリーが、オーストラリアにあるRSPCA (英国王立動物虐待防止協会) ニューサウスウェールズのクリニックに運ばれました。

獣医のジェフリー先生によると、搬送されてきたビリーの両方の眼球は、頭に強い衝撃が加わったことにより、収まっているべき頭蓋骨の穴からとび出していました。さらに、あごも衝撃で骨折していました。

手術の成功と回復

残念ながら両眼は摘出することになりましたが、ビリーの回復は順調で、目が見えない状況に徐々に慣れていきました。まずは狭い空間の中で、餌やトイレを見つけられるようになり、慣れたところで、大きめのケージに移されました。

体重も増え、クリニックの中で快適に過ごせるようになりました。

ジェフリー先生は、室内で飼い、猫が周りの環境を把握できる状態であれば、快適に暮らしていけるだろうとおっしゃっています。

里親さんのもとへ

そして6週間後、永遠のお家が決まりました!

カレンさんとビルさんご夫妻がビリーの新しい飼い主さんです。

RSPCAはスカイプで、ご夫妻からビリーの様子を聞きました。

とても快適そうに寝そべるビリーがいますね!

カレンさん:

アパートに住んでいるので、(犬ではなく)猫を飼おうと考えていました。4年くらい前に愛犬が亡くなってから、寂しかったのです。

そこで、ビリーを迎えることに決めました。初めて会った時からとても気に入りました。

ビルさん:

カレンが猫を連れ帰ってから、正直、私は数日間不機嫌だったんですよ。でも今では、ビリーはすっかり家族になりました。

ビリーはお家の中にすっかり慣れて、餌の場所やトイレの場所を的確に把握し、お部屋の中で元気に過ごしています。

ご夫妻のお孫さんが、ビリーをベビーカーに乗せたところビリーはとても気に入ったらしく、なかなか降りようとしなかったそうです。楽しそうですね!

まとめ

とても大変な経験をしたビリーですが、順調に回復し、優しい里親さんにも巡り会えて本当によかったですね。

元気になったビリーの様子をぜひ動画でご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:RSPCA NSW

RSPCA NSW

▼ 公式サイトはこちら
https://www.rspcansw.org.au/

▼ 【売上は全額支援金】オリジナルグッズも販売中!
https://rspcastore.com.au/

▼ 里親募集中の動物たちはこちら!
https://www.adoptapet.com.au/
https://www.rspcansw.org.au/adopt/

スポンサーリンク