頭が空き缶にはまっちゃった猫!外してあげて「この後どうする?」

頭が空き缶にはまっちゃった猫!外してあげて「この後どうする?」

空き缶に頭を突っ込んではずれなくなっている猫を救助すると、猫は興奮して攻撃的。逃げ去るか、一緒に施設に来て生活するか、猫自身の意志にまかせてみました。猫の決心は?

1008view

抜けない!抜けたら、怒ってる!

通報・発見

頭にはまった空き缶が取れない猫を見た人から連絡を受け、保護団体タキス・シェルターがその場所に行ってみると、猫は同じ場所にじっとしていました。

途方に呉れ、方向感覚も失ってしまったのかもしれません。

そっと背中を触ると、頭を振って反応しました。何も見えず、何も聞こえず、恐ろしいでしょうね。

背中をつかんで、車に運びました。

ゆっくり缶を引っ張ると、両耳が出てきました。

そしてここから…

スポッ!抜けた~。

抜けた瞬間に、「シャーッ」と威嚇しています。

猫はうなり声をあげ、威嚇を繰り返して、ダッシュボードに飛び乗ったり、車内の後方に移動したり。

ほぼ野生化した猫のようです。

狭い車内で、タキスさんも気を付けないと咬みつかれたり、ひっかかれたりしかねません。

「ここで放すべき?連れ帰るべき?」タキスさんは迷っています。

イカ耳にうなり声からのシャー!不機嫌全開です。お口をムンッと結んで、高音でうなっていますよ。

かわいい、なんて余裕はありません。

ここから、ブシャ!と、背もたれに本気の猫パンチ炸裂しました。すごい気迫ですよ。

「おぉー」と感嘆するタキスさんは、慣れたものです…危ないけど…。

タキスさん、後ろのドアを開けました。強風に木の枝葉がなびき、寒い季節のようです。

「ここは温かいね。だけど、自由を取る?」

ドアを開けたまま、猫にどうするか、ゆだねます。

「10まで数えるよ。それで決めるんだよ。」

ゆっくりと、1、2、3…と数え始めます。

猫は、外を見たり、車内を見たり。

このやり取り、とっても、面白くて興味深い!動画を是非見てください。

猫の心理は、本当に不思議。ここまで興奮していたのに、猫は、10数えるまで、車内にとどまったんですねえ。

タキスさんは猫を病院に連れて行き、すぐに去勢手術を施して、施設に連れてきました。

よほど空腹だったのでしょう、カリカリも食べるし、柔らかいフードはこれが2皿目だそう。触られるのもそっちのけで、食べたい!

その後

「ティンティン」と名付けられた猫は、ついに人に撫でられる快楽と、柔らかいベッドの誘惑を知ってしまいます。野性味を捨てて、心地よい生活を手に入れたティンティンは、ある意味、生存能力が高いのかもしれませんね。

空き缶を頭に突っ込んだ姿はちょっと面白く見えますが、実際それでペットや野生動物が命を落とすケースは時折発生します。ポイ捨ては言うに及ばず、所定の場所に捨てる際も、できる限りこんな悲劇が起きないように、きちんと処理したいものですね。

大人の猫もこんなに変わるのか!という驚きのビフォー・アフターの姿を見せてくれる動画をどうぞ。

動画を見ることは保護支援にもつながります!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Takis Shelter

スポンサーリンク