白血病・猫エイズの体で子育て…満身創痍で闘い抜いた母猫

白血病・猫エイズの体で子育て…満身創痍で闘い抜いた母猫

愛情深い母猫のぞみ。やせこけた体で2匹の子育てをしていたのぞみがシェルターに保護され、Wキャリアの満身創痍で最後まで闘い抜いたお話です。

1899view

壮絶な外の生活を送っていた親子を保護

ある日突然、ガリガリに痩せた母猫が子ども達を2匹連れてシェルター近くへやってきました。どうやら雄猫に襲われたらしく、体もボロボロです。

すぐに保護され病院で検査したところ、母猫は“Wキャリア”。子猫は遺伝による白血病と分かりました。Wキャリアとは猫エイズ、猫の白血病を二つ持っている事を表します。

人間でも簡単に治る病気ではありません。そんな中、母猫は子どもを2匹も育てていたのです。母猫はのぞみと名づけられ、子どもたちは“かなえ”と“たまお”の名を貰いました。

余命宣告

それから約2年、Wキャリアであるのぞみが病院から余命わずかと宣告を受けました。

さらに子ども達が胸線型リンパ腫と判明。抗がん剤を打つことに。

通院の生活

翌週の通院日、のぞみは腎不全が悪化していました。息子のたまおも高熱が続いています。

それに伴い2匹とも体重が減ってしまいました。なんとか生きて欲しいため、強制給餌をすることに。生きるためには栄養を摂取しなければなりません。

腎臓の数値が上がり静脈点滴をするけれど…

腎臓の数値が上がり点滴をしていたのぞみ。しかし点滴で血が薄まってしまい、輸血してもらうことになります。

娘の死

のぞみは懸命に生きようとしていましたが、娘のかなえが病気に耐えられず、先に亡くなってしまいます。

それでも、のぞみは息子がいる限る生きようと懸命です。

娘がいなくなって2ヵ月

のぞみは頑張って生きようとしています。自力でご飯を食べ、名前を呼ぶと力強く鳴くのぞみ。それでも白血病発症からの病気がのぞみを苦しめます。その為、輸血をもう一度することに。

失明

のぞみは闘病を続けてきましたが、失明する程病気が悪化していきました。

先生は生きているのが不思議との事。それでも息子のたまおの気配を感じ、匂いをかいで息子の安否を気遣うのぞみ。

自分が辛くても息子の事が心配でたまらないのでしょう。

懸命に生きる

余命宣告を受けてから半年が経っていました。多臓器不全を起こし、肝臓の数値が上がり過ぎていましたが奇跡的に下がりました。

のぞみは母性愛が強く、たまおと一緒に居ることで命を繋いでいるように思えます。

しかし……

ゆっくりと運命の時が迫っていました。輸血を施しても、どうにもならない状況。

そして安らかに

のぞみは徐々に水も飲めないようになり、安らかに天国へと向かいました。

白血病になった猫はあまり安らかに旅立てる事はないそうです。けれど、のぞみは安らかに旅立つことができました。献身的に介護してもらえたおかげかもしれません。

きっと、娘のかなえと久しぶりに会っているのでしょうね。

最後に

のぞみは白血病、猫エイズのWキャリアに関わらず、2匹の子育てをしていました。懸命に生き、子ども達を気遣い、生き抜きました。

のぞみは保護され、暖かい場所で寝食の不安なく、治療を受け闘病生活を送ることができましたが、これはとても特殊な例。きちんと医療をかけ最後までお世話してくださったシェルターのゴエママさんにはどれだけお礼を言っても足りないくらいです。

そして野良猫の生活は私たちが思っているよりも厳しい世界。のぞみのようにWキャリアで苦しむ猫が少しでもいなくなるよう、TNRが不可欠だと改めて痛感いたしました。

※TNRとはTrap[捕獲すること]Neuter[不妊手術]Return[猫を元の場所に戻す]ことです。

※こちらの記事は情報掲載元の団体より許可を得て掲載しております。
 団体名:一般社団法人 ねこのおうち

 

一般社団法人 ねこのおうち

▼▼ 公式ブログはこちら ▼▼
https://ameblo.jp/nekonoouchi0330/

★ 里親ご希望の方はツイッターへ 
https://twitter.com/COKeS7nsxPGOroD

★ それ以外の方はこちらもチェック!
https://ameblo.jp/nekonoouchi0330/entry-12547704585.html

スポンサーリンク