高さ15mで3日も動けなかった猫をレスキュー!ほのぼのするのはなぜ?

高さ15mで3日も動けなかった猫をレスキュー!ほのぼのするのはなぜ?

ルーシーが杉の木の上で立ち往生して三日が経ちました。きっと疲れ果てている事でしょう。しかし、救助に来たCanopy cat rescueのトムが目にした彼女の姿は意外なものでした。

597view

木の上で立ち往生したルーシーは幸運の持ち主でした

杉の木の上にいるルーシーの姿

50フィート(約15.2メートル)の木の上でルーシーは3日間立ち往生していました。

食べる物も飲み水もなくきっと疲労困憊している事でしょう。

Canopy cat rescueのトムは要請を受けて救助に向かいます。

元気そうなルーシーの姿に安堵します

ルーシーは幸運の持ち主でした。

木の上にまるで踊り場のような場所があり、このつくりのおかげで風もよけられ、なんとかそこで耐えしのぐ事が出来たのです。

おもわず「ハイチーズ」

ルーシーは地上から15メートルの高さで立ち往生しているとは思えない様子です。

ルーシーを確保

地上に戻りましょうね。

ルーシーには楽しい経験かもしれませんが、ここには食べ物も心配してくれる優しい飼い主もいません。

この時期まだまだ朝晩は寒く、猫は基本寒がりゆえ3日間の木の上での立ち往生は心配な状況でしたが、ルーシーが元気で本当に良かったです。

まったりとした救助の様子は是非とも動画にてご確認してみてください。そのやりとりに癒されますよ。

※こちらの記事は動画配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Canopy cat rescue

スポンサーリンク