大規模なネグレクトの案件を摘発!あきらめない保護活動

大規模なネグレクトの案件を摘発!あきらめない保護活動

住宅街の一軒家で、猫と犬合計で200匹近くが耐え難い不衛生、不適切なな環境に監禁されていました。1匹ずつ丁寧に保護し、里親さんに引き取られるまでの長い道のりの第一歩を踏み出します。

5183view

感染症がまん延する汚染部屋

救出

米国テキサス州の家屋から、猫、犬あわせて200匹近くがネグレクトの状態から救出されました。

動物愛護団体Humane Society of the U.S. (HSUS) がその任務に当たりました。

消防隊も出動しています。この状態ではガスの管理などもずさんでしょう。安全第一で作業をします。

室内の淀んだ空気に、活動中のスタッフはマスクなどで防御しますが、目の粘膜も反応して涙が出るのです。

ここは住宅街の中の家。その中がこのような状態だったとは、異臭騒ぎはなかったでしょうか。

経済的な負担も大きかったでしょう。なぜ、ここまで虐待を進めてまで、猫や犬を集めたのでしょうか?

防止のためにも、これを引き起こしてしまう精神状態が知りたいですね。

成猫も子猫も、多くが目に感染症を発症しています。早く治療できれば回復しますが、手遅れになると、眼球摘出になってしまうのですよね…。

この子も。

片目の猫

キトゥン・ブルーの瞳の子猫。ここに閉じ込められていたら、このきれいな瞳もつぶれていたでしょう。

ところで、この子が何に入っているか、わかりますか?答えはこの後のスクリーンショットで。

次々に子猫と産ませていたのでしょう。

売れるとも思えません。なぜ?

ここから、連れ出して。

猫よ、何を思う。

先ほどの答え。

水槽です。

それから

救出された猫たち、そして犬たちは、病院に急行します。多くが感染症を患い、またケガを放置されています。

里親さん探しを始めるまでには、膨大な労力と時間がかかりそう。それでも、HSUSはあきらめずに前進しているのですね。

スタッフは、きっと泣くことも多いでしょう。でも動画の中で、猫たちを前に笑顔が出ていることが救いです。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画の制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 動画制作者:Humane Society of the United States
 掲載YouTubeチャンネル:The Humane Society of the United States

スポンサーリンク