道端で動けなかった下半身不随の子猫「銀王」。保護され元気いっぱいに!

道端で動けなかった下半身不随の子猫「銀王」。保護され元気いっぱいに!

道端で保護された子猫は下半身が動きません。獣医さんの診察でも原因不明のまま。それでも明るく元気いっぱいに、前足だけでグングン歩きまわって、最高の幸せをつかみます。

7000view

下半身不随の子猫

道端で保護された子猫

ある夏の日、道端で動けなくなっている猫がいると通報がありました。ボランティアさんに保護されたのは、生後2ヵ月くらいといった月齢の子猫。

その短い間にどんな経緯があったのか、その子猫はひとりぼっちで、両足を引き摺っていました。

獣医さんでも原因不明

下半身が動かず屋外を這い歩いたため汚れた体。きれいに洗われ、ご飯をもらって、子猫は少しずつ落ち着いてきました。

「銀王」という名前をもらい、動物病院への通院もがんばりましたが、下半身不随の原因がわかりません。

前足で猫ハウスを縦横無尽に

体調に問題はなく、銀王くんは猫ハウスにデビューしました。

好奇心旺盛で、部屋の中を前足だけでグングン進みます。元気、元気~!

後足は全く動かないわけでなく、掻くような動作をして、力は入っているようです。何とかリハビリをして、飛んで、走らせてやりたいものですが…

子猫の天真爛漫さに救われる

オムツ生活

大きな目をクリクリさせながら、前足で爆進する銀王くん。よく食べ、よく眠り、オムツのお尻をぷりぷりさせてよく遊びます。

ずっとオムツでは蒸れますし、毛が擦れてハゲてしまう危険があるため、猫ハウスではスタッフさんがつける時間を調整してくれました。

奇跡の巡り合い

可愛い盛りの銀王くんは、デビューから1ヵ月も経たずトライアルに入り、そのまま正式譲渡となりました!

前足で歩けているとは言え、世話は毎日のこと。全てを受け入れて里親を決意してくださった方のお気持ちは、どれ程だったでしょう。

「ありのまま」の猫社会

物心ついた時には下半身が動かなかった銀王くんにとって、不自由は当たり前のことかもしれません。それでも他の猫を羨むでもなく、まっすぐな子猫らしさに、こちらの心まで救われます。

そして、ねこハウスの先輩猫さんたちも、体を引き摺る銀王くんに自然に接していました。純粋な猫たちの姿に、差別や偏見の残る人間を重ねて、恥ずかしくなります。

まとめ

あの夏の日、焼けた道路の上で体を引き摺って歩くことを放棄したように、固まっていた銀王くん。そんな道端の薄汚れた毛玉に立ち止まってもらえたこと、通報してもらえたこと、すぐに保護してもらえたこと、振り返るとみんな奇跡のよう。

何より重い障がいを持ちながら、優しい里親さんと巡り会えたことは、とびきりの奇跡。それはハンデをモノともしない、元気いっぱいの銀王くんだから、引き寄せた幸運かもしれません。

これからは里親さんの温かい愛情に包まれて、ずっと幸せになってね、銀王くん。そして叶うことなら、リハビリが成功して、元気に走り回る銀王くんという、もう一つの奇跡が見られますように!

※こちらの記事は情報掲載元の団体より許可を得て掲載しております。
 団体名:NPOくすのき

NPOくすのき

▼▼ 公式ホームページはこちら ▼▼
https://npo-kusunoki.life/

▼▼ 公式ツイッターはこちら ▼▼
https://twitter.com/atami_kusunoki

スポンサーリンク