毒餌を与えられた野良猫は人に裏切られても最後まで人を信じてくれた

毒餌を与えられた野良猫は人に裏切られても最後まで人を信じてくれた

最期まで人間を信じてくれた野良猫、蓮君のお話です。

12456view

重症の中、レスキューされる

ある夜、野良猫が重症の状態で発見されました。

下半身は下痢で汚れていて、口の中は白くなっている状態でした。病気のせいかと思われました。

その野良猫を発見した女性はすぐに保護団体のゴエママさんに連絡をし、猫はすぐさま保護されます。そこからゴエママさんに引き渡され、すぐに病院へ運ばれました。
 

検査の結果

保護された野良猫は推定3~4才の雄。体重は2.4kgとガリガリな状態でした。さらに輸血も必要だと判断されます。

高額医療になるのは明らかですが、保護された女性はそれでも野良猫の保護を決意され、輸血すべく別の病院へ転院することになりました。

意外な要因

ですが転院日を待たずして、猫は息を引き取ってしまいました。

死因は中毒性の肝機能障害の可能性が高いと判断されました。外で暮らしていた猫がそう簡単に中毒になる事はありません。この猫は毒入りの餌を与えられた可能性が高いです。

それでも保護されている間、猫は女性の手からチュールを食べていました。猫にとって、人の手から食べ物を食べる行為は信頼の証。女性に心を開いていたのです。

苦しみの無い世界へ

毒餌を食べて亡くなってしまった野良猫は、保護団体のゴエママさんに身体を綺麗にしてもらい、保護してくれた女性から“蓮”という名前を貰いました。

最期に人から優しさと、名前を貰った蓮君。苦しみの無い天国へ行きました。

野良猫とはいえ、一つの命。奪われていい命なんてないと思います。他の猫たちが蓮君のような辛い目に遭わないことを祈ります。


※こちらの記事は情報掲載元の団体より許可を得て掲載しております。
 団体名:一般社団法人 ねこのおうち

一般社団法人 ねこのおうち

▼▼ 公式ブログはこちら ▼▼
https://ameblo.jp/nekonoouchi0330/

★ 里親ご希望の方はツイッターへ 
https://twitter.com/COKeS7nsxPGOroD

★ 里親希望以外の方はこちらをチェック!
https://ameblo.jp/nekonoouchi0330/entry-12547704585.html

スポンサーリンク