猫と距離を置くべき4つのタイミイング

猫と距離を置くべき4つのタイミイング

猫は「気分屋」と言われますが、自分のペースを邪魔されることを嫌う動物です。可愛さ余ってつい構いたくなりますが、しつこく追いかけ回したり、触ることは、猫にとって大きなストレスとなります。程よい距離感を保ちながら接することが大切であり、「構わないで放っておく」時間も必要なのです。それでは、猫と距離を置くべきタイミングはどんなときなのでしょうか?

1091view

1. イライラし始めたとき

怒っている猫
  • シッポをバタバタ
  • 耳を伏せる
  • 急に噛みつく
  • 「シャー」と声を上げる

猫はイライラし始めたとき、このような仕草を見せます。例えば撫でているとき。最初はうっとり気持ち良さそうにしていても、しつこく長時間撫でたり、触ってほしくない場所を触られると猫は不快に感じます。

このような仕草は「これ以上やめて」のサイン。距離を置くべきタイミングなのです。構うのはやめて、そっとしておいてあげましょう。

2. 急に隠れたとき

隠れている猫

猫はとても警戒心が強い動物。騒音や来客など、人間にとっては日常であっても、猫は不安に感じることがあります。そして、不安や警戒心を抱いたとき、静かで狭い場所に身を隠してじっとします。

突然、逃げるようにその場を去ることがありますよね。我が家の猫は雷が大嫌い。「ゴロゴロ」の音と共に、逃げ出します。血相を変えて逃げ出す姿を見たら、心配で隠れている場所を覗いたり、声をかけたくなるかもしれません。

でもそんな心配は無用。猫は安全が確認できたら、自分から出てきます。そのときまで静かに待ってあげましょう。

3. 寝始めたとき

寝ている猫

猫の寝姿は、愛らしいもの。つい撫でたくなりますよね。「1日の3分の2は寝ている」と言われますが、そのほとんどが浅い眠り。目を閉じていても、実は耳はピクピク動かしていることもあります。

野性時代は、いつ敵に襲われるかわからない状況の中、熟睡出来なかった名残なのでしょう。もちろん人間に飼われるようになってからは安心し、お腹を出してスヤスヤ…。なんてことも。

しかし、寝ているところを邪魔されるのは、猫にとって大きなストレスとなります。寝床に向かい、寝る体勢に入ったときが、距離を置くべきタイミング。ゆっくり眠れるよう、そっと見守ってあげましょう。

4. 毛繕いを始めたとき

毛繕いしている猫

猫が毛繕いする理由は、体を綺麗にするだけではありません。不安や恐怖を解消したり、ストレス発散のためでもあるのです。普段よりも時間をかけて、荒々しく毛繕いをしていることはありませんか?猫はイライラし気晴らししたいとき、毛繕いに熱が入ります。

毛繕いをすることでリラックスしたり、気持ちをリセットしているのでしょう。どんな理由であっても、毛繕いは猫にとって集中したい大切な時間。触ったり声を掛けたりせず、そっとしておいてあげましょう。

まとめ

パソコンをする人と猫

可愛さ故に、いつでも触っていたい。見ていたい。と思う飼い主さんは多いと思います。飼い主さんの顔を見て鳴いていたり、体をすり寄せて来たときが、絶好のコミュニケーションのチャンス。

しかし、猫にとって「邪魔してほしくない」時間はたくさんあります。猫が好きな飼い主さんとはまさに、構いすぎない人。猫が心地良いと感じる距離感を知り、猫も人も快適に過ごしましょうね。

スポンサーリンク