親猫のいない離乳前の子猫4匹をレスキュー。生命力に胸を打たれる

親猫のいない離乳前の子猫4匹をレスキュー。生命力に胸を打たれる

シェルター近くで1日鳴き続けた子猫たち。やっと発見されきょうだいで保護されました。これはその中の1匹「喜一」の物語です。

3499view

離乳期前に保護された4匹の子猫

きょうだいと一緒に発見された子猫

保護猫シェルター近くで、離乳前の兄弟猫2匹が発見、保護されました。ずっと鳴き声が聞こえていたそうです。きっと必死の思いで助けを求めていたのでしょう。

その2週間後に同じ場所で、さらに2匹が見つかりました。最初に保護された2匹と合わせて、おそらく4匹きょうだい。後から見つかったうちの1匹が「喜一」です。

4匹のうち黒猫は、残念ながら助かりませんでしたが、それでも目が開いてない生後間もない子猫が助かるのは、保護主さんが必死な思いで捜されたからなのでしょう。喜一も必死に捜してもらった1匹なのです。

離乳期前に助けられた喜一は、まだまだミルクが必要なほど小さい子猫。きょうだいの死の悲しみを吹き飛ばすように、一生懸命ミルクを飲みます。

難問発生

保護12日目。喜一はやっと離乳食を始めるも、消化不良を起こして下痢と嘔吐をしてしまいました。すぐに病院で点滴してもらうも、食事はミルクに戻ってしまいます。

その上、喜一は保護された時から足の一部が著しく脱毛しており、そこから真菌(カビ)が発生していました。

それでも負けない喜一

しかしながら喜一は食欲がもりもり! 嘔吐してしまいながらも真菌に負けじと栄養を摂取していきます。

譲渡会へ着々と進む

食欲旺盛だったお陰か、ウィルス検査の結果問題もなく(里親募集のために必要な)ワクチンも無事終わり、譲渡会のステージへ進む喜一。

幸せへの旅立ち

そして保護から2ヵ月後、喜一には里親さんが見つかり、とうとうシェルターから巣立つことになりました。

家族の一員として迎えられた喜一はそこで新しく『スノウ』と名づけられました。

目も開いていない小さなころ路頭に迷っていたスノウに、ついに幸せが訪れたのです。今ではスノウの家族のお兄さん猫、響くんと日々仲良くじゃれあっているそうな。

猫も人間と同じように、それぞれの猫によって様々な生い立ちや過去があります。

奇跡的に救助され、つらい経験を乗り越えてきた喜一、――スノウだからこそ、いつまでも幸せに暮らしてほしいと願います。

※こちらの記事は情報掲載元の団体より許可を得て掲載しております。
 団体名:一般社団法人 ねこのおうち

一般社団法人 ねこのおうち

▼▼ 公式ブログはこちら ▼▼
https://ameblo.jp/nekonoouchi0330/

★ 里親ご希望の方はツイッターへ 
https://twitter.com/COKeS7nsxPGOroD

★ それ以外の方はこちらもチェック
https://twitter.com/COKeS7nsxPGOroD/status/1230861417349361665

スポンサーリンク