猫の気持ちを傷つける飼い主の暴言・態度5つ

猫の気持ちを傷つける飼い主の暴言・態度5つ

猫に暴言を吐く、傷つけるような態度を取る。このようなことは、猫は敏感に察知してしまいます。人の言葉は分からなくても、雰囲気で察することができてしまうのです。ですから、猫を傷つけるようなことは、避けましょう!

4009view

1. 捨てちゃうよ

悲しそうな猫

猫が困ることをした時に、ついつい「捨てちゃうよ…」などと呟いていませんか?これは結構、猫に悪い意味で響きます。

言ってしまうと不安になってしまうので決して口にしないでください。特に、以前捨てられたことのある猫に言うと、その時の記憶が蘇りショックを受けてしまうでしょう。

2. 無視

鳴く子猫

猫が嫌なことをしたからといって無視してませんか?これもちょっと可哀想です。素っ気なく見える猫ですが、飼い主さんとの触れ合いは必要としているのです。

甘えたい時もあります。それなのに信頼する飼い主さんに無視されてしまったら、悲しい気持ちになるでしょう。たとえ猫に無視されたとしても、無視の仕返しはオススメ致しません。

そんなの不公平だ!と言う声が聞こえてきそうですが。そう、不公平なのが猫なのです。

3. 体罰

人の手を避ける猫

猫にやってはいけないことの一つとして、体罰があります。しつけと称して体罰をしても、猫はそうは受け取りません。ただ単に飼い主さんを、怖い人だと認識してしまうでしょう。そうなると、一緒に暮らしていく上でなにかと支障が出てきます。

猫への体罰には、デメリットはあれどメリットはなし。たとえ猫がやって欲しくないことをしても、絶対に体罰だけはしないようご注意ください。

4. ひいき

抱っこされる猫

猫を複数匹飼っていると、どうしても飼い主さんお気に入りの猫と、あまりソリが合わない猫が出てきてしまうことがあります。ですがご自身の好みに合う猫だけを可愛がっていると、他の猫がストレスを感じて体調を崩してしまうかもしれません。

猫はとても繊細な生き物なので、ちょっとしたことでもストレスに思ってしまいそれが体調に顕著に出てくるのです。猫は平等に可愛がるようにしてあげてください。

5. 嫌い

落ちこむ猫

猫に向かって「嫌い」と言うのはとても可哀想です。猫が傷ついてしまうこと間違いなしでしょう。どうせ猫にかけるなら、優しい言葉にしてあげたいですね。嫌いよりも好き、と言ってあげた方が猫が喜ぶに決まってます。

元々飼い主さんが飼いたくて飼い始めたのですから、たとえ嫌いであっても、最後まで面倒をみなければいけません。

猫が困ることばかりすると嫌気がさしてしまうこともありますが、そこは動物相手のことですから、気持ちを大きく持ち、どうぞ優しい言葉で接してあげましょう。

まとめ

たそがれる猫

飼い主さんの言動に深く傷ついた猫は、もしかしたらもう二度と心を開いてくれなくなってしまうかもしれません。

せっかくご縁のあった猫、大切にしてお互いハッピーに暮らしていきましょう!!

スポンサーリンク