猫と旅行!移動手段や宿泊先の選び方とは

猫と旅行!移動手段や宿泊先の選び方とは

大好きな愛猫と一緒に旅行をしたいと思っている飼い主さんは多いのではないでしょうか。いつもお留守番ばかりさせるよりも、一緒に過ごしたいと思う事は不思議な事ではありません。一例をご紹介していきます。

877view

愛猫とのお出かけはワクワクする事でいっぱいです。猫ちゃんにとっては、慣れている家の方がゆっくりできるかもしれませんが、飼い主さんにとってはいつもお留守番させているよりも、一緒に過ごしたいと思う事は当然です。

見えない所でいたずらをされる心配や、餌や水の量の心配をする必要もありませんので、そういった点ではメリットともいえます。

猫ちゃんにとっての外出

カバンに乗った猫

はじめに言っておくと、猫ちゃんは外出には不向きです。今や猫ちゃんと一緒に泊まれるホテルなどもありますが、猫ちゃんはそもそも知らない環境が苦手です。

環境の変化に敏感

不安や緊張などでご飯が食べられなくなる子もいますし、排泄すら出来なくなる子もいます。一日排泄が出来なくなるだけで、愛猫にとっては大きな負担がかかります。一方で犬は環境が変わっても割と一緒に旅行を楽しめたり、食事等もいつも通りこなせる子が多いです。

はぐれてしまう危険

また、猫ちゃんは一度はぐれてしまうと二度と戻ってこなくなる事がほとんどです。犬は名前を呼ぶと帰ってくる場合がありますが、猫ちゃんの場合はそうもいきません。ハーネスをつけていても、猫ちゃんの体は柔らかく、本気を出せばすり抜けてしまう可能性もあります。猫ちゃんを連れてのお出かけはこれらが起こりうる可能性があると、頭に入れた前提で行動していかなければなりません。

移動手段

キャリーケースの中の猫

猫ちゃんを連れて行く時は公共交通機関をしようする場合でも、車を使用する場合でもキャリーバッグに入れて連れていきましょう。車のドアを開けた時に脱走される可能性を軽減出来ます。

持ち物

タオルにくるまる猫

普段から使用している匂いの染み付いたタオルや、いつも食べているキャットフードを持っていきましょう。少しでも「知らない環境」の中で安心できる材料になります。もちろん、いつも使用しているトイレもです。持ち運びが難しい場合は普段から携帯用のトイレを猫ちゃんに使ってもらうのもいいです。

宿泊先の選び方

優雅に居る猫

何よりも情報収集が大切です。「猫ちゃんと泊まれるホテル」と紹介していてもそれぞれで宿泊条件が異なります。例えば、猫ちゃんをそのままお部屋の中で放していても大丈夫な場合もありますし、キャリーバッグから出してはいけないと言う制限がある場合もあります。

また宿泊するにあたり、ワクチンの証明書を求める場合もあります。そのあたりの情報収集は、飼い主さんがしっかり行わなければなりません。

まとめ

アビちゃん

猫ちゃんとの旅行は脱走や事故の防止、そして情報収集が大切です。楽しい旅行にするためにもしっかりと準備をしていきましょう。それが楽しい思い出づくりに必要な事かと思います。

スポンサーリンク