猫をホテルに預ける時の選び方や費用、おすすめのお店まで

猫をホテルに預ける時の選び方や費用、おすすめのお店まで

猫を飼っていると、遠出や旅行を諦めてしまうことがあります。そんな時は、猫のホテルを利用してみてはいかがでしょうか? とはいえ、猫のホテルはどこがいいのか迷ってしまいますよね。猫を預けるホテルは、どのように選んだらいいのでしょうか? 猫のホテルの費用はいくらくらいでしょうか? おすすめの猫のホテルと合わせてご紹介します。

638view

猫をホテルに預けるメリット

スーツケースの上でくつろぐ猫

猫ホテルに専門のスタッフがいる

普段過ごしている家から離れることは、猫にとってストレスになります。しかし猫専門のホテルなら犬など猫が苦手とする動物がいませんし、猫専門のスタッフがお世話をしてくれます。ホテルで個室で外が見られたり、ホテルにキャットタワーがあるなど、猫が快適に過ごせるよう工夫もされています。体調の変化にも対応してくれますので、安心です。猫のホテルは動物病院とも提携しており、心強いですね。

猫ホテルだと人に気を遣わなくて良い

数日間家を留守にする場合、飼っている猫のお世話を親戚や友人にお願いすることもあるでしょう。その場合、留守中の自宅に上がってもらうことになりますが、お互いに抵抗を感じることもあるのではないでしょうか。相手の家で預かってもらうにしても、気を遣いますね。猫のホテルなら、そのような気遣いはありません。

猫ホテルは急用でも対応してくれる

急用で、家を空けなければならないこともあります。そんな時、急いで猫のお世話をしてくれる人を探さなくてはなりませんね。なかなか思うように見つからないこともあります。猫のホテルなら、急な用事でも対応してくれることが多いです。

猫を預けるホテルの選び方

ペットホテルの看板

猫のホテルの環境を把握しておく

大切な愛猫を預かってもらうホテルです。当日いきなり預けに行くのではなく、事前にどのような環境かを見ておくことをおすすめします。スタッフさんの雰囲気や、猫の為の備品、清潔が保たれているかどうかもチェックしておくべきですね。

ワクチン接種証明書の提示が必要

猫のホテルによっては、ワクチン接種証明書の提示を求められることがあります。やや面倒に感じるかも知れませんが、愛猫がホテルで他の猫から病気をもらってしまうことがないので、安心ですよ。

提携先の動物病院を確認する

猫のホテルは、動物病院と提携しています。どこの動物病院と提携しているのか、確認するといいでしょう。提携先の動物病院がかかりつけなら安心ですね。

ホテルに普段使用している物の持ち込みができるか

猫が普段使用しているおもちゃやタオル、食べ慣れたキャットフードなどを持ち込みできるか確認してみましょう。いつも使っている物が身近にあるだけで、猫は安心することができます。

猫をホテルに預ける時の平均的な費用

赤いがま口を持っている子猫

猫のホテルの料金は、ホテルの立地や部屋のタイプ、利用シーズンなどによっても異なりますが、猫1匹につき1泊2,000~5,000円程度が多いようです。これには餌代も含まれます。

人間のホテルと同様、猫のホテルも年末年始・お盆・ゴールデンウィークなどは料金が高くなります。大型連休に猫のホテルを利用したい場合は、需要が高くなりますので、早めの予約がおすすめです。

猫のホテルおすすめ一覧

「起こさないで下さい」のプレートかけたドアから顔をのぞかせて手を上げている猫

ネコのホテルchat

目黒にあるネコのホテルchatは、猫に特化したホテル。犬などの動物は預かっていません(フェレットなど猫と相性の良い動物は預かります)。ケージではなく、全10室の個室タイプです。他の動物が気になることなく、個室で広々と過ごせるので猫ちゃんのストレスがかかりにくくなっています。

取り外し可能なキャットウォークも用意してあり、自由にレイアウトすることができます。さらに、ホテルでの猫ちゃんの様子は、メールで知らせてくれますよ。画像や動画も可能です。別料金になりますが、シャンプーもできます。

猫の診療室モモ

東京都品川区にある猫の診療室モモは、猫専門の動物病院です。院内にはキャットウォーク型シェルタースペース
があり、里親の募集も行っています。猫専用ホテルも併設。ホテルはケージタイプと個室タイプがあります。個室からは待合室や外を見渡せます。獣医さんがいてくれるので、安心ですね。かわいい猫グッズも販売していますよ。

猫のホテル Catel 横浜ミナミ

完全個室の猫のホテルです。部屋にはキャットタワー、ソファーもあります。全室に大きな窓があり、日当たりが良く、外を眺められるのも猫には嬉しい環境ですね。猫ちゃんがリラックスして過ごせそうです。宿泊する猫には、ワクチン接種証明書とノミ・マダニ予防駆除済み証明書の提出を徹底しています。また薬品を使用しない超音波噴霧器で24時間除菌・消臭していますので、安心です。

Sweet Dandelion

大阪市東成区にあるソマリ専用キャッテリーが併設している猫専用ホテルです。個室で、猫ちゃんがのびのびとリラックスできるよう広々としたスペースで、それぞれキャットタワーが置いてあります。部屋タイプは大部屋・中部屋・窓際小部屋・大型ケージがあります。冷暖房・空気清浄機完備。猫ちゃんの性格に合わせた遊びも行ってくれますよ。

猫をホテルに預ける時の注意点

ぬいぐるみを抱えてタオルをかけて寝る子猫

ホテルに猫が普段使用している物を持参する

猫が気に入っているおもちゃや、寝る時に敷いているタオルなどがあれば持って行きましょう。食べ慣れているキャットフードやおやつ、トイレの猫砂なども少量あると猫ちゃんが安心します。

ノミ・ダニの予防駆除をする

猫のホテルを利用する前にしておきたいのがノミ・ダニの予防。他の猫から移されてしまうかも知れませんし、逆に移してしまうことも。猫を預ける際にノミ・ダニ予防駆除の証明が必要なホテルもあります。

ワクチン接種を済ませる

猫のホテルを利用するにあたっては、ワクチン接種の証明書が必要なことがほとんどです。必ずワクチン接種は済ませておきましょう。ワクチン接種の有無は猫を預ける際に口頭で聞かれる場合もありますが、証明書の提示が必要なこともあります。証明書は保管しておきましょう。

猫の爪を切る

慣れない環境で猫が暴れてしまっても、ホテルのスタッフに怪我をさせないために爪は切っておきましょう。

猫のホテルにお迎えに行った後の注意

頭をなでられて目を閉じる猫

いつもと違う環境で過ごした猫ちゃん。猫にとって快適な空間を提供しているホテルでも、飼い主さんがいない不安や寂しさを抱えていたことでしょう。

ホテルから猫ちゃんを連れ帰ったら、たっぷりスキンシップをしてあげて下さいね。それから、食欲や便の様子など、体調の変化がないかチェックしましょう。

まとめ

キャリーバッグの中からこちらを見てる猫

旅行や帰省など、猫を連れていけない遠出の時は、猫のホテルを利用してみてはいかがでしょうか。猫のホテルなら急な用事で出かけなくてはならない時も対応してくれますし、専門のスタッフがお世話をしてくれます。

狭いケージではなく、広々とした清潔な明るい個室で、キャットタワーなどが置かれているホテルもあります。ワクチン接種証明書の提示を求められるホテルが多いので、猫が病気を移したり移されたりという心配もありませんね。

また、猫ちゃんの様子をメールで知らせてくれたり、最近の猫のホテルは至れり尽くせりです。安心して出かけることができそうですね。それでも、飼い主さんがいない間、猫ちゃんは寂しい思いをしています。帰ってきたら、たくさん甘えさせてあげて下さいね。

スポンサーリンク