猫の長期預かりサービスの特徴や選び方、おすすめのホームまで

猫の長期預かりサービスの特徴や選び方、おすすめのホームまで

飼い主さんが都合で家を空ける際に、ペットホテルや動物病院を利用されることも多いでしょう。旅行や入院など長期の時には、猫を長期預かりしてくれるところもあります。猫を長期預かりしてくれる施設の特徴や選び方、おすすめのホームについてご紹介します。

3007view

猫の長期預かりサービスとは

白いキャットホテルにいる猫

猫の長期預かりサービス

その名の通り、猫を長期間預かってくれるサービスです。猫の預け先としてはペットホテルが一般的ですが、動物病院やペットショップでもペットホテルを併設しているところがあり、長期預かりをしているところもあります。また動物愛護団体なども、猫の長期預かりをしてくれていることがあります。

その長期間というのはどのくらいかというと、猫が単独で留守番できるのは1泊2日までと考えるのが妥当なため、3日以上になると長期と考えて良いかもしれません。

預かっている間は、猫の食事やトイレのお世話をしてくれるのはもちろんですが、長期間なため、ブラッシングやシャンプーのサービスを追加でしてくれたり、獣医さんに診察してもらったりできるところもあります。

預かりサービスはスタッフが常駐して猫を見てくれている施設がほとんどなため、猫だけで家の留守番や、家の鍵を預けるペットシッターさんを頼むよりも安心できると言えるでしょう。また、猫を長期預かりしているため、スタッフが個々の猫に合わせた対応をしてくれ、広めの環境が整っているところが多くなっています。

長期預かりサービスをしている施設により、料金やサービスなどが違ってくるので、預け先によって対応が異なりますから、事前によく確認しておくことが大切です。

どんな時に長期預かりを利用する?

猫の長期預かりを利用するのは、例えば、飼い主さんが次のような状況の時が考えられます。

  • 病気で入院することになった
  • 仕事で長期の出張をする
  • 旅行に長期で行く
  • 急な不幸があり実家に帰省する

用事があり、家を空ける際、猫を実家に頼めない、ペットシッターや知り合いにも世話を頼めない、などといった場合には、猫を家以外の場所に預けるということになります。

猫を1匹で留守番させることにはリスクが伴いますから、少なくとも3日以上家を空けるような時や、入院など、いつ家に帰れるかわからない、といった状態の時に、長期預かりを利用することになります。

猫の長期預かりの特徴

ケージ内の猫

猫の長期預かりでは、一般的に、次のようなお世話をしてもらえます。

食事の世話

猫の餌、水といった食事の世話をしてもらえます。普段与えているフードを持参すればそれを与えてもらうこともできます。病気で療法食が必要な場合も、フードを持参することで与えてもらえます。

トイレの世話

猫用のトイレを置き、排泄物の処理をしてもらえます。普段使っている猫砂を使ってもらいたい時は、持込みをすると扱ってもらえるところもあります。

環境

猫を長期預ける場合には、施設によって環境が異なります。小さな1段のケージ、2段で上下運動ができるケージなど、ケージ内で過ごすところと、猫専用の部屋があるところがあります。

猫専用の部屋があるところは、キャットタワーやキャットウォーク、おもちゃなどが置いてあり、広いスペースがとってある施設もあり、猫がのびのびと過ごせるようになっています。猫をケージで長期預かる場合でも、施設によっては、広い共有スペースで過ごす時間が設けられているところもあります。

飼い主への報告

メールで、猫の様子を定期的に知らせてくれる預かりサービスをしているところもあります。施設によってはカメラがついており、インターネットで猫の様子を見られるようになっているところもあります。

体のケア

長期預かりサービスの施設によっては、猫のブラッシングや爪切り、シャンプーをしてくれるところもあります。

診察

動物病院での長期預かりをしている場合、希望次第では、健康診断をしてもらえるところもあります。

投薬

薬を飲む必要がある猫の場合、長期預かりサービスにお願いをして薬を預けておくと、定期的に飲ませてくれるところもあります。

猫の長期差預かりサービスにかかる費用

ベッドの上のソマリ

猫の長期預かりでかかる費用は施設によって設定が異なっています。1日の目安は2,500円〜5,000円、1日単位のものは、初日は1日ぶんの料金がかかり、その後は半日または時間ごとに料金がかかるといった設定もあります。

猫1匹で1日の金額が決まっていて、追加の滞在時間ごとに加算されるというものが多いですが、長期預かりがメインであれば、1ヶ月単位で金額が決まっているところもあります。

基本的には金額内で、餌と水やり、トイレの世話をしてもらえます。その他、部屋をグレードアップするなどで料金が上がります。猫を預かる広さによって、例えば、小ケージで2,000円、2段ケージで3,000円、専用の部屋で4,000円などといったように、広くなると金額も上がります。

猫の長期預かりをお願いする場所の選び方

キャットタワー上の猫
  • 動物取扱業の登録証を持っている
  • 環境が清潔で整っている
  • ワクチン摂取など管理が徹底している
  • 脱走しない対策がしてある
  • 提携の動物病院や獣医がいる
  • 猫の様子を報告してもらえる
  • 他の猫との接触がない
  • 料金が適切である

長期で猫を預かりしてもらう時には、それだけ猫の環境が快適である必要があります。猫がストレスを感じたままで過ごすと、病気になったり、人間を嫌ったりする可能性もあります。

そのため、きちんと世話をしてくれるのはもちろんですが、掃除が行き届いていること、冷暖房が完備されていること、猫が運動できる空間があることが重要です。また、猫の様子を定期的に報告してもらえることは安心につながります。さらに猫の世話をしてくれるスタッフの人柄や、施設の雰囲気も大切だと言えるでしょう。

猫の長期預かりをしている所

キャットツリーの上の猫

ヌーノクラブ nunoclub.com

nunoclubは、ペットホテル、トリミングサロン、ペットシッターをしています。猫をケージレスで、ケージフリーの環境で預かってくれるペットホテルです。新井薬師本店、高円寺店に店舗があり、猫預かりをしています。

新井薬師本店は、1日3,200円とリーズナブルな価格となっています。高円寺店は猫専用のホテルで、1日5,000円からとなっています。新井薬師本店は2Fが猫専用のペットホテルで、犬とはフロア分けされているので、犬と猫が一緒になることがありません。

預かり当初や臆病な猫は、まずケージで過ごし、慣れてくると共有のフリースペースで過ごすことができます。夜はそれぞれ専用のケージに入って休みますので安心です。

にゃん子ん家 Nyankonchi

大阪府大阪市都島区にあるねこちゃん専門店で、ペットホテル、トリミング、グッズ販売をしています。1泊3,500円からで、キャンペーンをしていたり、連泊すると割引があったりします。

サービスとしておやつタイム、猫のお世話日記(体重、体調、様子など)がつき、精算時に物販5%OFF、そしてLINEで預かった猫の動画や画像を配信してくれます。さらにオプションでスタッフが猫と遊んでくれますし、グルーミングが10%オフで利用できます。

ねこべや 猫専用個室ペットホテル

東京、神奈川、埼玉、愛知、大阪、兵庫に店舗を持つ、猫専門のペットホテルです。猫の世話は動物取扱業に登録したプロのペットシッターが行い、自宅同様に猫に合わせたお世話をし、夜間も待機していてくれます。一部屋に一家族限定のため、他の猫と一緒になることがありません。

部屋は自宅のような雰囲気で作られており、キャットタワーやキャットウォーク、クッションや椅子などが置かれて、猫がリラックスできるように作られています。料金は1日ごとで、店舗によって異なりますが、4,500円〜6,000円となっています。

DOG POOL

福岡にある犬、猫のペットホテルとトリミングサロンです。猫一頭につき一つの広い3段ケージで、1泊2日3,240円で預かりをしてくれます。

猫の性格に合わせた対応をしてくれて、預かり中の様子はお泊まり記録で報告してもらえます。スケジュールに問題なければ長期預かりができ、5泊以上で10%OFF、10泊目からは20%OFFとなります。

まとめ

おもちゃと長毛の猫

猫の長期預かりは、ペットホテル、動物病院、ペットショップなどで行っています。事前に予約が必要なところがほとんどなので、それぞれの施設に必ず問い合わせをしておきましょう。

やむを得ず長期の猫預かりをお願いするには、猫専門のスタッフがいて、猫がストレスなく過ごせる環境のところを選ぶようにしましょう。猫が長い時間を過ごしても大丈夫なところを見つけるには、できるところは見学させてもらうことも大切です。