旅行中は猫をどうする?お留守番やペットホテル、ペットシッターまで

旅行中は猫をどうする?お留守番やペットホテル、ペットシッターまで

猫を飼っていると、旅行中には猫をどうするか、ということが問題になりますね。旅行中には、猫を家で留守番させるか、ペットホテルにあずけるか、ペットシッターに預けるか、といった選択肢があります。旅行中には猫をどのようにするべきかについてご紹介します。

1011view

旅行中猫をお留守番させる方法

窓から外を見る猫

ご飯とお水の準備

一泊二日であれば、旅行中、猫に留守番させることも可能です。まず、旅行中に猫が食べる餌と水を二日ぶん準備していけば良いでしょう。餌は置き餌をする方法もありますが、時間が来ると餌が補充される、自動給餌器を使う方法もあります。

旅行中には置き餌、自動給餌器どちらもドライフードが適しています。旅行中は掃除ができないためウェットフードは傷みやすく、食べ残しが残ると衛生的にも良くないので、旅行中は避けておいた方が良いでしょう。

水は複数の水入れを用意しておき、旅行中にたとえ1つの水がなくなったりこぼれたりしても、他に水が飲めるようにしておきましょう。飲み水については、ペットボトルを取り付けるだけでできる給水器を旅行中は利用するのも良いでしょう。

電気を使うものは旅行中に何かあった時にすぐ対処できないので、できるだけ使わない方が良いと考えられます。

猫トイレ

旅行中には猫トイレの掃除ができませんので、トイレを複数置くことで対処します。トイレが汚れていると排泄をしたがらない猫も多く、我慢できずにベッドやソファなどをトイレがわりにしてしまったり、家具の陰で排泄したりすることもあります。

旅行中に常に綺麗な猫トイレを使わせることは難しいですが、2~3個のトイレを用意しておければ、旅行中でトイレのお掃除ができなくても猫はトイレ以外で排泄をする可能性は低いでしょう。システムトイレだと、臭いを抑える効果が高く、おしっこを砂の下のシートで吸収するため、砂の汚れが少なく済むので、旅行中に使ってみても良いでしょう。

注意すること

脱走

旅行中には、家の中の猫に何かあってもわからないし、ふだんの外出のようには旅行中ではすぐに戻れないので、旅行中には猫に危険がないようにしていく必要があります。防犯はもちろんですが、旅行中に猫が脱走しないように戸締りを徹底することが大切です。

熱中症

ただし、季節により、締め切った部屋では温度の変化が気になりますね。特に夏場だと猫の熱中症が心配です。旅行中でもエアコンをつけておく方が良い場合もありますが、その時には旅行中に万が一停電になった時のことを考慮し、換気ができるよう、換気窓をあけたり、通気口を開けたりしておく必要があるでしょう。

防寒

寒い時には旅行中暖房器具を付けっ放しにしておくのは危険なので、暖かい毛布や猫ベッドを用意しておけば、猫は自分で暖かい場所を見つけて過ごします。

怪我や事故

また細かいものや尖ったもの、ひも状のものなど、旅行中に猫が飲み込んでしまったり、遊んでいて怪我をしたりするようなものは片付けておきます。

さらに、いくつか部屋がある場合には、旅行中に猫が餌や水のない部屋や、猫トイレのない部屋に閉じ込められたりしないように、旅行中はドアをストッパーなどで止めておきましょう。逆に、お風呂場など猫が入る必要がなくて危険な場所には猫が入れないように、旅行中で不在の際はドアをしっかり閉めておくようにしてください。

旅行中猫をペットホテルに預ける方法

ペットホテルのケージにいる猫

ペットホテルはどのような所?

ペットホテルは、猫や犬などを飼い主の旅行中預かってくれる動物用のホテルです。ペットホテルとして単独であるだけでなく、ペットショップに併設されているもの、動物病院に併設されているものもあります。滞在中は、常にスタッフがいるため、飼い主が旅行中でも猫に餌や水をあげてくれて、様子を見てもらえます。

いつも与えている餌を持って行けば、飼い主が旅行中でも、食事の時間に猫はいつもと同じものを食べられます。動物病院に併設されているペットホテルであれば、旅行中に万が一具合が悪くなった時にも対応してもらえます。

ペットホテルによっては、メールや電話などで、旅行中でも連絡すれば猫の様子を教えてもらえます。また、旅行中に爪切りやブラッシングなどのサービスを行ってくれるところもあります。基本的に猫は一頭ずつケージに入れられて過ごしますが、旅行中でもキャットタワーなどの広いスペースで遊ばせてもらえるところもあります。

ペットショップでは、夜にはスタッフがいなくなるところもありますので、旅行中に不安にならないように、システムをよく説明してもらって猫を預けるホテルを決めましょう。

注意すること

旅行中に猫を預けるには多くは事前に予約をしておく必要がありますし、予防接種をしていることが条件のところもあります。旅行中に猫を預ける際には事前に確認をしておきましょう。また、旅行中にはどのくらいのお世話をしてもらえるのか、どのようなサービスがあるのか、金額はいくらかなども確認しておきましょう。

費用

費用は1泊2,000円くらいから6,000円ほどになるものまで、ペットホテルによって幅があります。半日単位での計算になるところもあります。

猫は環境の変化を嫌いますし、車で長時間移動してペットホテルに預けられることは、大変なストレスになります。飼い主の旅行中に預けるペットホテルは、できるだけ家と近いところを選び、旅行から帰ってきたらすぐ迎えに行けるところが良いでしょう。

旅行中猫をペットシッターにお願いする方法

餌をもらうグレーの猫

ペットシッターとは?

ペットシッターは、飼い主さんの旅行中に自宅に人が来て、猫の世話をしてくれるサービスです。ペットシッターの会社もあれば、個人で営業しているところもあります。事前にどのようなお世話をするのか、何時に家に来てもらうのか、何度来てもらうのか、猫はどのような性格か、など詳しくカウンセリングして見積もりをもらいます。

旅行中には担当の人に鍵を預けて、1日のうち必要な時間帯に家に入り、猫の餌やり、水替え、トイレ掃除などを行ってもらいます。動物看護師の資格を持ったペットシッターも増えていますので、ブラッシングや猫との遊び、耳掃除や爪切りなど、飼い主の旅行中、猫に合わせたサービスを頼めることもあります。

ペットシッターは、旅行中の飼い主さんに、お世話した内容や猫の様子を毎回メールや電話などで連絡をして教えてくれます。ペットシッターを頼むメリットとして、飼い主さんが旅行中でも猫はいつも過ごす家にいることができるので、飼い主さんが不在の旅行中でもストレスを感じることが減るということがあります。

1週間など長期間の旅行の場合には、住み慣れた家で猫を過ごさせる方が良いと考えられますので、この場合にはペットシッターが適していると言えるでしょう。

注意すること

旅行中に家に他人を入れることになるので、しっかりとしたペットシッターを選ぶことが大切です。事前にしっかりカウンセリングがあり、適切なサービスをしてくれて、旅行中の飼い主さんに報告をきちんとしてくれるといったことや、見積もりのわかりやすさなど、予約や打ち合わせの時にチェックしてください。

予約の後に対面して打ち合わせが必要なため、早めに問い合わせをしておく必要がありますので、余裕を持って問い合わせをしてくださいね。

まとめ

スーツケースとケージ内の猫

旅行中に飼っている猫をどうするかは、とても大切なことです。自宅での留守番は、猫にとってはリラックスできますが、旅行中お世話をする飼い主さんがいない状態のため、起き餌やトイレのことを考えても、旅行中のお留守番は一泊二日ほどが限界と考えられます。

ペットホテルは旅行中でも人を自宅に入れる必要がなく、手続きも比較的簡単で、餌やトイレの世話をしてもらえます。しかし猫をふだんと違う場所で過ごさせるほか、個別の細かいサービスを受けることは期待できません。

ペットシッターは事前にカウンセリングが必要で、他人を自宅に家に入れることになりますが、飼い主の旅行中でも猫は住み慣れた場所で過ごすことができます。旅行中は家で留守番をさせるのか、ペットホテルに預けるのか、ペットシッターに預けるのかなど選択肢はありますが、猫にとって一番良いところを選ぶ必要があります。

旅行中でも猫が健康的に過ごせるようにしておくのは、飼い主さんの勤めです。猫にとって良い環境で過ごせて、飼い主さんも旅行中に心配し続ける必要がないように、よく計画してくださいね。

人気のキーワード