愛猫に『ありがとう』を伝える方法5選

愛猫に『ありがとう』を伝える方法5選

猫と一緒に暮らしていると、「ありがとう」を伝えたくなるシーンが、多いと思います。楽しい気分にさせてくれた時、慰めてくれた時、ほっこりとした気持ちを味あわせてくれた時など、猫には感謝してもしきれないですね。そんな猫に、どうやったら感謝の気持ちを、伝えられるでしょう?

5029view

1. 心を込めて言う

猫にキスする女性

猫は相手の気持ちに敏感なので、たとえ「ありがとう」という言葉の意味が分かっていなくても、気持ちは伝わっていることは多々あります。

どうか心を込めて、感謝の気持ちを伝えてみてください。きっと猫には、伝わっています。猫も、飼い主さんには感謝の気持ちを持っている、と言います。お互いに感謝を伝え合って、楽しく暮らしていけたら良いですね!

2. おやつをあげる

おやつを貰う猫

分かりやすい方法、「おやつをあげる」です。ありがとうの気持ちを込めて、とっておきのおやつを与えてみましょう。戸惑いながらも、美味しそうに食べてくれることでしょう。

その嬉しそうな顔が見たくて、たくさん与えたくなるかもしれませんが、肥満になる可能性がありますので、与えすぎには注意です。いくら感謝を伝えたくても、おやつ分のカロリーは、ご飯から差し引くようにしてください。そこは、シビアに行きましょう。

3. 撫でる

撫でらる猫

優しく、猫が喜ぶ場所を撫でるのも、「ありがとう」を伝える方法の1つです。猫は頰や耳の後ろなど、頭回りを撫でられるのを好みます。

猫が「もういいよ!」と言うまで、愛情を込めてたっぷり、撫でてあげてください。きっと猫に、飼い主さんの感謝が、伝わることでしょう。

4. おもちゃを新調する

おもちゃで遊ぶ猫

感謝の気持ちを込め、おもちゃを新調してみるのも、良いでしょう。猫が好きそうなおもちゃを、そっとプレゼントしてみると、喜んで遊んでくれるかもしれません。

猫のおもちゃは、猫の猛攻によってボロボロになるのが早いですので、折を見て新しいものを取り入れると、良いでしょう。

飽きてしまったおもちゃも、しばらく猫の目に触れない場所にしまっておくと、久しぶりに見た時に新鮮に感じて、喜んでくれる場合もあります。猫が喜ぶことをするのが、感謝を伝えるポイントです。

5. お肉などをサービス

お肉を食べる猫

いつものご飯に、お肉やお魚などをトッピングサービスするのも、オススメです。その際、「ありがとう」と伝えてみましょう。思わぬ飼い主さんからのプレゼントに、きっとガツガツと食べてくれることでしょう。

お肉やお魚は新鮮で、味付けのないものを。生よりも、お湯をかけて半生にしたり、焼いて火を通したものの方が、安全です。市販のお高めなウェットフードでも、良いですね。満足そうに毛づくろいをする猫の姿が、目に浮かびます。

まとめ

みかん

日頃から、猫に感謝の気持ちを持っていれば、それは伝わっていることでしょう。でも敢えて、伝えてみるのも良いですね。温かい気持ちになれますし、より猫のことが愛おしくなるでしょう。

「ありがとう」を伝えられて、猫が嫌な気持ちになることはないでしょう。その溢れ出る思い、伝えてあげてください。