時速約96㎞で走行中の車の中から橋の上の生命反応を発見!

時速約96㎞で走行中の車の中から橋の上の生命反応を発見!

深夜のドライブ中、橋の上に何かがこっちを向いていることに気が付いた二人は、何度もそこに戻り、その命をなんとか助けるチャンスをうかがっていました。

1134view

橋の上の救出劇

深夜のドライブ

深夜のドライブで、エリンさんは目を凝らして道路を見ていました。

その時でした。

彼女は、小さな目が彼女を見めていることに気が付きました。

小さな動物

エリンさんとその夫のマルクスさんは、小さな物体が目撃されたところまで車で戻りました。

確かに、小さな動物が危険なガードレールの上にいました。

それはダッシュボードに置かれたカメラにも映し出されていました。

そこは、高速で走り去る車のすぐそばです。

停車

交通量のタイミングでなかなか車を停められませんでした。

3回目に戻った時に、やっと減速することができ、車をそのそばで停車させることができました。

車を停め、救助するために車外におりました。

橋の上

それは子猫でした。

どうやってこんなところにたどり着いたのかは、わかりませんでした。

そこは橋の上でした。

努力

エリンさんたちの車は、時速60マイル(時速約96㎞)で走行中に、その小さな命がそこにいることを発見したのです。

そして何度もその場所に戻り、何とか助けようと、努力を続けていました。

そして3回目のトライでそのチャンスが訪れました!

エリンさんはタオルを使って子猫を何とか捕まえることに成功しました。

救出劇

車をぶつけられないように、非常灯を点滅させ、橋の途中に車を停め、子猫を驚かせないようにそっと近づきました。

ふたりとも、心臓の鼓動が激しくなるのを感じました。

「一番恐れたことは助けようとしたことで、子猫が橋の上から飛び降りて落ちてしまうことでした。」

子猫を掴んですぐに車に乗り込みました。

最後に

ビデオカメラには映っていませんでしたが、子猫は逃げ回り、最終的にわずか2.5㎝のコンクリートの上でぶら下がっていました。

エリンさんが橋から身を乗り出して、子猫を掴んでいた後ろ姿だけがカメラには映し出されていました。そのおかげで子猫は橋から落ちなかったのです。

とてもきわどい状態だったのです。

子猫は、エリンさんたちの家族になりました。