猫がシャンプーを嫌がる3つの理由と対処法

猫がシャンプーを嫌がる3つの理由と対処法

気持ち良さそうにお風呂に浸かる猫や、全身を洗われても大人しくしている猫がいます。猫がシャンプーを嫌がると言う概念を崩している猫もいるのです。しかし、水が好きな猫よりも嫌いな猫の方が多いのです。なぜ猫はシャンプーを嫌がるのか、理由と対処法をまとめてみました。

1037view

猫がシャンプーを嫌がる理由

1.水に濡れるのが嫌い

サバンナにいる猫

よく耳にすることですが、一言でいうならば猫は水が嫌いです。体が水に濡れるのは、猫にとっては恐ろしくて仕方ないとまで言えることのよう。

猫の毛は、水に濡れると乾きにくいので、体に違和感を感じたり不快に思ってしまうのです。ただ一番の理由は、祖先から受け継がれた本能が残っているからでしょう。

砂漠地帯で暮らしていた頃は、寒暖差が激しい気候により命がおびやかされることも多かったようです。夜になると一気に温度が下がり、体が濡れて水分を含んでいると、体温もどんどん下がってしまいます。体が濡れると寒い夜を越さなければいけない経験をしたのが、今でも本能として残っているのでしょう。

2.水に慣れていない

水で遊んでいる子猫

猫に残っている、水に危険を感じる本能のために、水に慣れていないのでしょう。

猫は極力、体を水に濡らさないようにして生活をしてきたのですが、そもそも水がある生活とは縁がなかったようです。砂漠地帯で生活していた頃は、水を飲むにも一苦労でした。そのため、水を飲まなくても生活できる体の構造に変化していったのです。

必要最低限の水さえ飲めれば、生きていけるようになったので、水分を補給しない猫が多いんですね。なので、猫には暑いと水浴びをして体を冷やす、水をたくさん飲むと言った習性がありません。

3.怖い経験になっている

湖で泳いでいる猫

猫の中には、水が好きな猫もいます。水を怖いと思わなかったり、シャンプーをされることに抵抗がない猫もいます。猫が水を嫌いになるかどうかは、生まれ育った環境で変わる事もあるのでしょう。

水に濡れる事、シャンプーで体を触られる事に慣れていれば、猫もストレスにならないのです。しかし、シャンプーに対して一度でも怖い、危険と感じてしまうと、トラウマになってしまうでしょう。無理矢理に体を押さえつけられたり、音が怖かったり、お風呂場で溺れたりなどの経験から怖い記憶が残ってしまっているのです。

猫がシャンプーを嫌がる時の対処法

シャンプーは子猫のうちから始めよう

シャンプーされてびっくりする猫

猫にシャンプーをする場合は、子猫の頃に経験させて慣れさせておくと良いでしょう。どの猫も最初は水を怖がってしまうので、嫌がる時は潔く中止するのも大切です。水に濡れる事に徐々に慣れてもらってから、シャンプーを始めるのが良いでしょう。

汚れをとるだけでも問題ない

頭に泡を乗せている黒猫

シャンプーに抵抗のある猫は、汚れた部分だけにシャンプーをする、濡れたタオルで拭き取る、洗い流さないシャンプーを使用するなどでも構いません。シャンプーをする場合は、洗い流しやすいスプレーや泡のタイプのシャンプーにすると時間も省けてスムーズにいきます。

シャンプーの途中で猫が暴れてしまうと、洗剤が残ってしまったり抜け毛が洗い流せない事もあります。猫は体を舐めて乾かすので、注意しないといけません。まずは全身をシャンプーするよりも、猫が毛づくろいで届かない部分にスポットをあて、汚れを取るようにしましょう。

毎日のブラッシング

ブラッシングされている茶トラ猫

抜け毛の時期や長毛種の猫は、毛づくろいで抜け毛をたくさん飲み込んでしまいます。毛玉が胃の中に溜まってしまうとトラブルも多くなるので、ブラッシングを毎日おこなうのは大切です。

そして、シャンプーの前にもブラッシングは必要です。毛玉ができている状態で水に濡らすと、解れなかったり汚れが十分に落ちなくなるためです。シャンプーをしない場合でも、ブラッシングをするだけで、抜け毛や汚れはある程度落とせます。

ただし長毛種の猫は、ブラッシングによる表面のケアだけでは落としきれない汚れもあるので、シャンプーが必要になるのでしょう。

ご褒美があれば楽しい事になる

お風呂タイムを楽しんでいる猫

もし猫がシャンプーに苦い思い出があるなら、楽しい事にすり替えていきましょう。シャンプーをする前にご褒美をあげるか、シャンプー後にご褒美をあげるといいかも知れません。また、お風呂場が楽しい場所と認識させるように、おもちゃで興味をひくのもいいと思います。猫がシャンプー=楽しい事と記憶に残れば、次回からもやりやすくなるのでしょう。

まとめ

お風呂のふたに乗っている猫

猫がシャンプーを嫌がる理由と対処法を紹介しました。生まれつき水を怖がらない猫もいるようですが、たいていの猫はそうはいきません。水に対する本能が残っているようです。また猫がシャンプーを嫌がるのは、シャワーの音や恐怖になる経験がある場合もあるのでしょう。シャンプーが必要な猫もいるので、克服していくか、ストレスにならない方法で対処していくようにしましょう。