どこから洗うと大人しくなる?猫を洗うコツ

どこから洗うと大人しくなる?猫を洗うコツ

猫をお風呂で洗おうとしても水を嫌がってしまってうまく入れれないこともありますよね。では猫はどこから洗ってあげれば大人しく上手に洗うことができるのでしょうか?猫を洗うコツなども含めてご紹介させていただきます。

1113view

猫がお風呂嫌いな理由

猫とのお風呂

猫をキレイにしてあげようとお風呂で洗ってあげようとすると逃げるように嫌がってしまうこともありますよね。猫はどうしてここまでお風呂嫌いなのでしょうか。

結論から申しますと、猫は「水が大嫌い」なのでお風呂を大変嫌がって暴れたりしてしまうのです。どうして水嫌いかと言うと猫の起源に関係しており、それは砂漠に住んでいた時代の「リビアヤマネコ」が深い関係があるのです。

このリビアヤマネコは砂漠で生息をしており、砂漠は昼と夜だけでも気温差が20度以上ありました。また夜は極寒になることもあります。そんな砂漠でうまく暮らすためには、猫の毛は暑いときには断熱効果があり、寒いときには保温ができる機能が特に優れて備わっていました。

それにより生き抜くことができたリビアヤマネコですが、水がないことで水にもし濡れてしまうと「すぐに乾く被毛」ではなかったのです。それにより、もし水に濡れてしまうと「体温を奪われて命に関わる」ということをこれまでに学んでいることから現在の猫も水を本能的に嫌ってしまうのです。

猫を洗うときはどこから洗う?

猫のお風呂

猫をお風呂に入れるとき水嫌いで嫌がってしまう猫ちゃんであればなるべく手際よくストレスを軽減させながらトライをしたいですよね。そんなときのための大人しく洗うコツなどについてですが、まず洗う順番としては「首から胴体に向かって洗う」ことがおすすめです。

猫は手足などの場所から洗われてしまうと「固定させられて動けなくなるのでは」という不安を持ってしまいさらに暴れたり怖がったりしてしまうこともあります。

より大人しく効率的に洗うにはまずは上から胴体にかけて洗っていくようにしましょう。またこの洗い方をすれば万が一、猫にノミがいても頭部に逃げ込まれる心配もありません。

猫を洗うコツは?

お風呂中のベンガル

では、その他になるべく猫のストレスにならないようにお風呂で洗うコツはあるのでしょうか?

シャワーの水圧を強くかけない

猫にシャワーをかけるとき、シャワーの水圧が直接体に当たってしまうと恐怖を感じさせてしまう家のが高いです。ですから、そのようなときは手でお湯をかけてあげたりすると比較的安心をしてくれますよ。

シャワーヘッドを見せない

猫にとって得体の知れないものは恐怖でしかありません。お風呂のシャワーヘッドも見せてしまうと恐怖心を煽ってしまう一方なので、なるべく見せない位置で洗うようにしましょう。

声掛けも大切

猫は不安なとき飼い主さんに声掛けをしてもらえると少しでも安心をすることができます。「あと少しだからね」「もうちょっとまってね」などと優しく声掛けをしながら手際よく済ませてあげましょう。

中断しても良い

あまりにもパニックを起こしたりどうしても嫌がってしまうときは、猫にとってもストレスになってしまっていますよね。そのようなときには無理にシャンプーを継続せずに「中断」することも考えてください。

もしシャンプーを中断しても、自宅でホットタオルで優しく汚れを拭き取ってあげればそこまで猫を頻繁にお風呂に入れてあげる必要もありません。猫になるべくストレスを与えないようにしてあげることがベストでしょう。

まとめ

お風呂中の三毛猫

猫のお風呂は手足などからより、首から胴体にかけて先に洗ってあげるほうが比較的大人しく洗うことができます。声掛けをしながら手際よく、そしてシャワーの水圧、シャワーヘッドを見せないように心がけることが安心させて入れてあげる方法でしょう。

スポンサーリンク