猫の片目が開かない!考えられる病気と対処法

猫の片目が開かない!考えられる病気と対処法

愛猫の片目が開かない経験はありますか?今現在見た事がなくても遠い将来、もしくは近い将来に片目が開かない愛猫を見てしまう事があるかもしれません。そのような時に慌てないように治療を行えるようにしたいですよね。

2105view

猫の片目が開かない!と異変を感じたら

片目を閉じて布団に寝転がる猫

猫の片目が開かない時にはどうしたらいいのでしょう?猫の片目が開かない場合は何らかの原因があります。外傷で瞬膜や角膜に傷がついてしまった場合に片目が開かない事があります。

そして感染症などの病気が原因で片目が開かない事もあります。伴って涙が多い、目やにが多いなど軽度の症状から重症化してしまえば片目が開かないどころではなく最悪な場合は失明してしまう事もあります。

猫の時間は人間より早く過ぎますので片目が開かないなど異変を感じましたらすぐに病院を受診しましょう。

猫の片目が開かない!症状別に見る原因

片目を閉じて口を開けている猫

目やに

猫の目から目やにが大量に出てしまうと目やにが固まり瞼がくっついて片目が開かない事があります。

大量に出る目やには病気が原因または異物が入ってしまった事が原因である可能性があります。正常な赤褐色や黒色、茶色の目やにでも大量で片目が開かないときはアレルギーなどの可能性があります。

猫の目から膿が出てくる場合は目の炎症が進んでしまった結果です。真っ白い目やにや緑っぽい目やには膿である可能性が高く膿によって片目が開かない可能性があります。膿の出る原因は感染症や異物で角膜に傷がついてしまうことです。

腫れ

猫の瞬膜が赤く腫れていたり、瞬膜が常に出ている場合にも片目が開かない事があります。瞬膜は車のワイパーのように表面を清潔に健康に保つ役割があります。腫れてしまうのは結膜炎や感染症等が主な原因です。

かゆみ

猫が片方の目だけしきりにこすり目が開かない場合は病気を疑う方が良いでしょう。アレルギーなどで目がかゆくなる場合や流涙症やぶどう膜炎症で目がかゆくなる場合、そして眼瞼内反症(逆さまつげ)でもかゆみが起きます。

猫が目をしょぼしょぼさせていると涙の量が増え片目が開かない事があります。眼の下には涙焼けが見られ可哀想な状況に見えます。

ペルシャやヒマラヤンなど鼻がくしゃっとした猫の種類には遺伝的に瞼が内側に入る眼瞼内反症がおこりやすく涙が多く出て片目が開かない事があります。

ペルシャやヒマラヤンなどの遺伝的な病では早いと生後2〜6週から1歳くらいまでの子猫時代に発症しやすくなります。

痙攣

ピクピクと痙攣を瞼が起こし瞼が内側に入り片目が開かない事があります。結膜炎や角膜炎などが原因となります。

猫の片目が開かない!主な病気と治療法

椅子に乗った片目が白く濁った猫

結膜炎

結膜炎は猫の目の病気で一番よく見られます。

瞼の内側(あっかんべーをすると見える部分)である眼瞼結膜の粘膜の炎症が起こり片目が開かない事があります。結膜炎になる原因を探り元の病気の治療を行います。

目の症状の治療は目の洗浄や点眼薬そして軟膏を塗り症状を治していきます。

角膜炎

眼球の表面の角膜に炎症が起こると角膜炎が起こり片目が開かなくなります。猫の目が白く濁っている時は角膜炎が悪化している場合が多いです。

角膜炎の原因を探り病気であれば治療を行います。目の症状の治療は点眼薬、目の軟膏と共に痛み止めの処方もあります。早期治療を行えば視力の低下や失明など悪化する事はなくなります。

緑内障

眼球を満たす液体が自力で排出できなくなり異常に眼圧が高くなり緑内障となります。瞳孔が開いたままになったり、片目が開かなくなるどころか失明してしまいます。

眼圧の低下を行うために点眼薬や内服の薬を飲みますが下がらない時は手術となります。

猫の片目が開かない!と気づいたら

病院で点眼されている猫

猫の片目が開かないという症状はとても異常なことです。治療をするタイミングを逃すと目のかゆみや痛みが起こり猫自身への負担が増えてしまいます。

酷い時は重症化し失明も免れません。気づいた時点での対応、なるべく早めに病院を受診する事を心がけてくださいね。補足ですが猫の点眼薬は原因により種類が違いますので決して自己判断で点眼はしないでくださいね。

まとめ

片目を閉じてリラックスする猫

猫の片目が開かない!考えられる病気と対処法についてお伝え致しました。猫は基本的に痛みを我慢してしまう動物です。

ただ猫は違和感を覚えると、気になる部分をしきりに舐めたり手でこすったり足で掻いたりと行動します。

ぜひ愛猫の様子を日頃から観察し少しでも片目が開かないなど気になる様子が見られた場合は躊躇せずに病院を受診してくださいね。病気であっても悪化する前であれば完治の可能性も高く、短い期間で治ります。

猫にちょっとでも違和感があると病院へ行く友人がいますが心配のし過ぎであったと安心しています。猫は縁があって皆様の元へ来ています。

健康であること、持病があること、身体に支障があること、人間と同じように全てそれぞれの猫の個体の個性です。個性を否定せずにお付き合いする事が飼い主と愛猫との末永い幸せへと繋がるような気がします。