猫と触れ合う時にやってはいけない8つのNG行為

猫と触れ合う時にやってはいけない8つのNG行為

猫と触れ合う時にやってはいけない事があります。どんなに大人しくても、やってはいけない事があるので守りましょう。猫にやってはいけないことの中で8つのNG行為を紹介します。

6700view

猫と触れ合うときにやってはいけないこと

顎を撫でられて嬉しそうなグレーの猫

1猫を叩かない

猫と触れ合うときにやってはいけないことは、手を挙げる体罰です。
猫を叩く行為は、何があってもしてはいけないことです。

しつけが上手くできない、悪さばかりする、言うことをきかないからなどの理由でも、絶対に手を挙げてはいけません。
猫は本能のまま、自由に生活できる環境を好みます。
猫が思い通りにならない場合でも、怒らずに優しく見守ってあげてください。

2猫を怒鳴らない

大声に驚いて固まる猫

猫と触れ合うときにやってはいけないことは、大きな声を出すことです。
もちろん怒鳴ったりもいけません。

猫が人間に心を開いてくれていても、怒鳴ってしまうと離れていってしまいます。
大きな声で、猫を驚かせることはNGです。
猫と触れ合うときは、優しい声で囁くように接してあげると安心してくれます。

3猫を無理やり抱っこしない

女性に無理やり抱っこされている猫

猫は、束縛されることを嫌う生き物です。
抱っこを喜ぶ猫もいますが、触られたくないときに抱っこされると、猫は不快な気持ちになります。

猫と触れ合うときは、猫が撫でてほしいと近寄ってきたり、膝に乗ってきたりしたら、触れてほしいサインです。嫌がる猫を無理やりに抱っこしないようにしましょう。

4猫を追いかけない

猫との触れ合い方で間違っているのは、遊んでいるつもりで猫を追いかける行為です。
猫が逃げる様子を見て、楽しんでいると勘違いしていませんか?
猫は臆病で警戒心が強いので、猫を追いかけると怖がってしまうのでいけません。
猫と触れ合うときは、ゆっくりと静かな空間を作ってあげましょう。

5猫のヒゲを触らない

猫のひげアップ

猫と触れ合うときにしてはいけないことは、ヒゲを触ることです。
長いからとか、揃えてあげようとヒゲを切るのは、猫にとって自殺行為です。

猫のヒゲは、とても大事な器官です。
猫のヒゲは、バランスをとったり、障害物を避けたりなどあらゆる機能を果たします。
小さい子供が知らずに、猫のヒゲを切ってしまうケースもあるので、気を付けてあげたいですね。

6猫の写真撮影にフラッシュはダメ!

カメラを掴んで齧る子猫

猫を目の前にすると、どうしても写真に収めたいと思ってしまいます。
猫にカメラを向けるときに気をつけることは、フラッシュをたかないようにしましょう。

猫の目は、光をたくさん吸収する仕組みになっています。
猫がカメラのフラッシュのような、強い光を浴びると、目を痛めてしまいます。

7猫の触る場所に気をつける

猫と触れ合うときには、スキンシップとして猫の体に触れることも大切です。
猫の体に触れるときに、気をつけたいのは触られて喜ぶ部分と、嫌がる部分があることです。

猫によって嫌がる部分の違いはあるのですが、気持ちいいと思うときは、顔が緩んで喜ぶのでわかると思います。
特に嫌がる部分のお腹や足を触られると、噛んだり猫キックしたりするので辞めておきましょう。

8猫の邪魔をする

毛づくろいをする茶トラ猫

猫と触れ合うときにやってはいけないことは、猫が何かに集中していれば、そっとしておいてあげないといけません。
猫がご飯、トイレ、爪とぎ、毛づくろいなどをしていれば、邪魔をしてあげるのはダメです。

猫が、集中したり夢中になったりしているときに辞めさせるのは、ストレスになってしまいます。
猫と触れ合う前には、猫の行動を見てからにしましょう。

まとめ

人と猫の手で作ったハート

猫と触れ合うときやってはいけないことをあげました。
可愛いとついつい手を出してしまったり、嫌がるのに無理強いしてしまったりすることもあると思います。

多少なら猫も大目に見てくれますが、しつこい行為は嫌われるので、ほどほどにしないといけませんね。
猫にやってはいけないことで、手を挙げたり怒鳴ったりする行為、ヒゲを切るのは猫の心に傷を負ってしまいかねないので、絶対に辞めてあげましょう。

人気のキーワード