子猫にシャンプーをする時の注意点3つ!いつから洗っても大丈夫?

子猫にシャンプーをする時の注意点3つ!いつから洗っても大丈夫?

可愛い子猫を家に迎えた時、「シャンプーはした方が良いの?」と悩む事もあるでしょう。そしてシャンプーのやり方が分からない!!と思う事もあるでしょう。この記事ではそんな疑問点を解消します!子猫のシャンプーを楽しんでやっていきましょう♪

13110view

子猫にシャンプーをする時の注意点

タオルに包まった猫

①子猫のシャンプーはあまり頻繁にしない

シャンプーは子猫にとっては体力を消耗しますし、頻繁すぎると被毛や皮膚の油分を取り過ぎて毛がゴワゴワになってしまったり、皮膚病になってしまったりします。特別な理由がない限りは、短毛種なら1年に1~2回、長毛種なら6ヶ月に1回程度で良いでしょう。

お尻が排泄物で汚れてしまう場合には、お尻周辺の毛をカットしておくと汚れにくくなります。お尻だけ汚れるという場合はシャンプーは全身ではなく、お尻だけ洗ってあげると負担が少ないです。

②子猫のシャンプーは生後1ヶ月位から

あまりに小さなうちからシャンプーをしてしまうと体温が下がり、低体温症になる事があります。生後1ヶ月を過ぎる頃に初めてのシャンプーをする位が良いでしょう。

生後1ヶ月以前でも汚れていてどうしてもシャンプーが必要という場合には、市販されている拭くタイプのシートでキレイにしてあげると負担が少なく出来るでしょう。

③妊娠中・病後・術後・ワクチン接種後は避ける

子猫といっても生後半年位で妊娠する事が出来ます。また、病気をした後や手術の後はある程度時間が経つまでシャンプーをするのは避けましょう。

ワクチン接種後も数日は避けた方が良いでしょう。
シャンプーをして良いタイミングについては、獣医師に確認しましょう。

子猫にシャンプーをする必要性はあるのか

シャンプー
  • シャンプーは絶対必要ではない!
  • 体が汚れている時に必要
  • 被毛が無い猫は皮脂が溜まりやすいので必要な場合がある

基本的に猫は水に濡れるのが嫌いです。また、猫は綺麗好きで毛繕いを自分でまめに行うことから汚れもつきにくく、「絶対にシャンプーが必要」とは言えません。
ただ、保護をして体が汚れている場合は時期を見てシャンプーしてあげた方が良いでしょう。
また、被毛がパーマしているラパーマやコーニッシュレックス、被毛の無いスフィンクスやドンスコイなどのヘアレスキャットは皮脂が溜まりやすいため、シャンプーをした方が良い場合があります。

子猫のシャンプーの手順

猫と桶

子猫をシャンプーする時の手順をお伝えします。

子猫をシャンプーする時に用意するもの

  • 猫用シャンプー
  • 大きめの風呂桶、またはペット用バスタブ
  • タオル 2~3枚
  • ハンドドライヤー
  • スタンド型ドライヤー
  • ブラシ
  • スポンジ

子猫のシャンプー手順

※ドライヤーの音を嫌がる子もいますので、事前に反応を見ておきましょう。

①まずは子猫をブラッシングして毛の絡まりやほこりなどを落とします。耳に水が入らないよう、できたらコットンを詰めてあげると良いでしょう。

②風呂桶かペット用バスタブにぬるま湯を入れ、猫用シャンプーを適量入れてかき回します。

③子猫を②で用意したぬるま湯につけ、首まで入れます。シャンプー液がよく浸みこんだら桶やバスタブから出し、体を洗っていきます。首から胴に向かって泡立てていきます。首から下に向かって洗うと、ノミがいた場合に頭に逃げるのを防ぐ事が出来ます。背中→お腹→足先へと泡立てていき、洗います。足の裏と指の付け根を忘れがちなので、しっかりと汚れを落としてあげましょう。尻尾や肛門も綺麗に洗います。
顔は最後に洗います。濡らしたスポンジで、目に水が入らないように注意しながら洗っていきます。嫌がる場合は洗わなくても大丈夫です。

④全身をくまなく洗ったら、ぬるま湯のシャワーですすいでいきます。シャワーの音を嫌がる子もいますので、ノズルを体に密着させるようにすると音が小さくなります。耳や目にお湯やシャンプーが入らないように注意しながら、首から下に向かってすすいでいきます。顔へのシャワーは嫌がるので避け、首までにしておいた方が良いでしょう。シャンプーが残っていると子猫が舐めてしまったり、皮膚炎の原因になったりしますので、すすぎは念入りにします。

⑤すすぎが終わったら、タオルで水気を拭き取ります。タオルを押し付けるようにして優しく拭き取ってあげましょう。何枚かタオルを使って出来る限り水分を取り除きます。タオルで拭き取った後はドライヤーで乾かすのですが、ドライヤーを嫌がる子もいますので、もし無理な場合は暖かい部屋で自然乾燥させましょう。
まずはスタンド型ドライヤーで大まかに乾かして、乾かしにくい足先や顔などはハンドドライヤー使って乾かします。ドライヤーを同じ場所にずっと当てていたり、地肌に近づけ過ぎたりするとヤケドしますので注意します。
最後にブラッシングをして終了です。

子猫の時からシャンプーをすればお風呂が好きになるのか

あくび猫

これには個体差があるようです。初めてのシャンプーでも気持ち良さそうにしている子もいれば、何度入れても嫌がる子など様々です。好きな子だったら良いですが、どうしても嫌がる場合には無理をしないようにしましょう。体が汚れていて洗う必要がある場合には、市販されている水を使わないドライシャンプーを行ってあげましょう。

子猫におすすめのシャンプー4選

ペットキレイ 低刺激シャンプー子犬・子猫用

ペットキレイ 低刺激シャンプー 子犬・子猫用 220ml

100%植物成分ですので皮膚が敏感な子猫でも安心して使えることができます。また弱酸性や無着色、アルコール無添加となっており、肌に優しく清潔感を保つことができます。

ペティオ 肌に優しいアミノ酸配合シャンプー

ペティオ(Petio) ペッツスマイルド 肌に優しい アミノ酸配合シャンプー 全猫種用

猫の肌に優しいアミノ酸を配合しており、皮脂のベタつきや汚れを優しく洗い流します。 低刺激性なので肌に弱い子猫でも使えることができます。 ホホバオイル配合なので保湿効果もあります。

ライオン クイック&リッチ トリートメントインシャンプー

クイック&リッチ トリートメントインシャンプー 愛猫用

天然成分なので刺激となる匂いがないので、シャンプーの香りが気になる飼い主さんでも安心して使うことができます。 シャンプーの泡立ちやすすぎによる泡切れもよいので、初めての方でも手間取ることがありません。

ゾイック キャッツシャンプー

ZOIC  キャッツ シャンプー

刺激性が低いアミノ酸系シャンプーで、デリケートな子猫の皮膚や被毛に対して優しく安心して使えることができます。 このシャンプーはインスインシャンプーですので、仕上げが楽なのと速乾性に優れているためシャンプー後のドライにかかる時間を短縮でき、子猫へのストレスを軽減することができます。 またUVカット成分が含まれているので紫外線から皮膚や被毛をブロックしてくれます。

子猫のシャンプーについてのまとめ

お風呂

気持ち良さそうに湯船につかる猫。飼い主だったら見てみたい姿ですが、そこは猫の性格によるようです。
我が家は残念ながら水嫌いで全くシャンプーは出来ませんが、これから子猫を迎える方はもしかしたらお風呂好きになってくれるかもしれませんよ!
個体差があるので無理はせず、ですが、可愛い猫がお風呂でくつろぐ姿が見られたら最高ですね☆

40代 女性 まりな

子猫ちゃんの、シャンプーですが昔はよく、拾った猫ちゃんをシャンプーしていました。体が小さいので短時間で体全体を綺麗に洗えますよね。耳にお湯が入らないようにすることが大切です。素早くシャンプーしてあげましょう。耳掃除もしてあげましょう。耳の奥までは触らないようにしましょう。子猫ちゃんは、すぐに体温が低くなるので素早く、タオルドライをし、ドライヤーを少し遠いめから当てて乾かすしてあげましょう。足の裏もよく乾かしてあげるのがポイントです。

30代 女性 みちこ

我が家の猫ちゃんを保護した時には、泥だらけだったので、人肌より少し熱めのお湯でシャンプーしてあげましたらすっかり、フワフワな毛並みになりきれいになりました。
鼻水やうんちの汚れも落ちて、みちがえるようになりました。私たち家族も嬉しくなって飼い主になることに決めました。前から猫ちゃんがまた飼いたいなと思っていたのでいいタイミングでした。猫ちゃんはあまりシャンプーしないでいいと聞きました。子猫ならばなおさら、あまりシャンプーしないほうがいいですよね。
うちの猫ちゃんも、成猫になるまでシャンプーすることはありませんでした。
汚くなってしまったときには、シャンプーした方がいいですが猫ちゃんは、自分できれいになめるので、あまり必要ないようです。