長毛の子猫をお迎えしたい!方法や見分け方、お世話の方法

長毛の子猫をお迎えしたい!方法や見分け方、お世話の方法

長毛の子猫ってとても可愛らしいですよね。では、長毛の子猫をお迎えしたいときにはどんなお世話や見分け方をすれば良いのでしょうか。今回は「長毛の子猫をお迎えしたい!方法や見分け方、お世話の方法」についてご紹介させていただきます。

806view

長毛の子猫をお迎えするには?

長毛の子猫

長毛の子猫をお迎えするにはどのようにすれば良いのでしょうか。
長毛の子猫っていつもどこでも簡単にお目にかかることができるわけではありませんよね。
しかし、長毛の子猫は

  • 高級な猫
  • 気品がある
  • 可愛らしい

などといったイメージから、どうしても欲しい!と思われる方もいらっしゃると思います。

では、長毛の子猫をお迎えするにはどのようにすれば良いのでしょうか。方法についてご紹介させていただきます。

長毛の子猫をお迎えするには里親サイトを利用する

長毛の子猫をお迎えしたいときには「里親サイト」を利用するのがおすすめです。
里親サイトは以下のようなものがあります。

こちらのサイトは「ペットの里親募集情報サイト」で、月間利用者が150万人とも言われている大きな情報サイトです。

  • 品種
  • 写真
  • 性別
  • 性格
  • その他の情報

などを見ながら猫のタイプを見つけやすいようになっているので、自分の飼いたい長毛の子猫を見つけて探してみてください。

長毛の子猫をお迎えするにはペットショップを利用する

長毛の子猫をお迎えするにはペットショップを利用するのもおすすめです。
全てのペットショップで長毛の子猫の販売をしているとは限りませんが、ペットショップであれば直接子猫を抱っこしたり撫でたりして触れ合うことができます。実際に目で見て、長毛の子猫を見つけるのも1つの手段でしょう。

長毛の子猫の見分け方

長毛の白猫

長毛の子猫の見分け方はどのようにすれば良いのでしょうか。

猫には

  • 無毛種
  • 短毛種
  • 長毛種

の被毛を持つ品種の猫たちがたくさんいますよね。
しかし、長毛の子猫に見られる特徴を把握していないと「どんな子猫が良いのか」悩んでしまうこともあると思います。

そこでここでは、長毛の子猫に見られる特徴についてご紹介させていただきます。

長毛の子猫の特徴は「毛量が多い」こと

長毛の子猫の特徴は「毛量が多い」ことです。長毛の子猫は「全身の毛が長い」「毛量が多い」ことが特徴です。私自身も長毛種の猫を飼っていますが、長毛の子猫は

  • 触ってみたらフワフワとしている
  • 毛並みがとても良い

のが特徴で癒やされること間違い無しです。

長毛の子猫の特徴は「長毛の品種」であること

長毛の子猫の特徴は「長毛の品種」であることです。猫は品種によって被毛の長さがおおよそ決まっています。長毛の子猫の品種は

  • スコティッシュフォールド
  • ペルシャ
  • メインクーン
  • ラグドール
  • ソマリ

などがあげられます。
スコティッシュフォールドは耳がペタンと倒れており非常に可愛らしいです。スコティッシュフォールドには短毛種と長毛種の2種類がいます。

そして、猫の王様と言われる気品のある「ペルシャ」。ペルシャはフワフワとしてとても毛並みもキレイな猫です。

メインクーンは近年非常に人気になってきている長毛の猫です。子猫の時期から体は少し大きめで温厚な性格になっています。
その他のラグドール、ソマリも人懐っこく、優しい性格でどれも長毛の可愛らしい子猫です。

長毛の子猫のお世話

毛のフワフワな猫

長毛の子猫のお世話はどのようにすれば良いのでしょうか。長毛の子猫であっても、普通の子猫とお世話は変わりませんが被毛のケアに関しては他の子猫とは異なります。
そこでここでは、長毛の子猫のお世話方法についてご紹介させていただきます。

ブラシが必要

長毛の子猫を飼うときには「ブラシ」を準備しておく必要があります。
長毛の子猫は、毛が絡まりやすかったりグルーミングによって毛玉を嘔吐しやすいです。ですので、なるべく子猫に負担をかけないように毎日欠かさずブラッシングをしてあげましょう。

定期的なシャンプー

長毛の子猫の場合、定期的にシャンプーをしてあげましょう。短毛種の猫よりも毛玉になりやすく、被毛は汚れやすいです。ですので、子猫のうちから定期的にシャンプーをしてあげるように習慣づけておくようにしましょう。

餌は毛玉ケアのものを与えるのがおすすめ

猫の餌はたくさんの種類がありますよね。栄養や主成分などに配慮するのが一番ですが、長毛の猫の場合には毛玉を吐く回数が短毛種よりも多いです。
ですので、なるべく毛玉を吐く負担を減らしてあげるためにも「毛玉ケア」のできる餌を与えてあげるのがおすすめです。

まとめ

長毛種の子猫全体

長毛の子猫は、フワフワと綿あめのようで可愛らしいですよね。
そんな長毛の子猫は

  • 里親サイト
  • ペットショップ

などで飼ってあげることができます。
長毛の子猫の品種はスコティッシュフォールドやメインクーン、ペルシャなど、たくさんの種類がいますのでじっくり検討してみてくださいね。

人気のキーワード