猫の2匹目を迎え入れる時に気をつけたいこと

猫の2匹目を迎え入れる時に気をつけたいこと

「猫のしつけやお手入れにも慣れてきたし、2匹目を飼っちゃおうかな?」と考えている飼い主さん、ちょっと待ってください!今回は2匹目の猫を家に迎え入れるときに気をつけておきたいことをご紹介します。

2618view

2匹目の猫をいきなり急接近させない

ケンカする猫

2匹目の猫を迎えたら最初は匂いから慣れさせる

猫にも遊び相手がいると良いなあ、と、1匹目の猫を気遣って2匹目を飼おうとしますよね。そこで、ついつい見落としてしまいがちなのですが、猫はかなりデリケートな生き物で、他の猫の気配には敏感に反応します。つまり、いきなり2匹の猫をご対面させると、威嚇しあったり、逆に怯えたりしてストレスを感じさせてしまいます。猫同士なら仲良くするだろうと思って、失敗してしまった飼い主さんの話も多いのです。

2匹目の新しい猫を家に入れる段階では、まず離れた部屋に居させるようにしましょう。これだけでも、先輩猫は後輩猫の気配を十分に察知します。お次は、後輩猫の匂いのついたグッズを先輩猫に与えてみましょう。具体的には、

  • タオル
  • おもちゃ
  • ぬいぐるみ

などがよいでしょう。まずは匂いから、後輩猫に慣れさせることが効果的です。元々家で使っていたものに後輩猫を経由させて与えることで、ご主人様の匂いで落ちつきをプラスしてあげるのも良いですよ。

そして、慣れてきたなと思った段階で、いよいよ運命のご対面となりますが、ここで注意!野放しにしてのご対面は、ちょっと刺激が強すぎます。後輩猫はケージに入れた状態で、先輩猫とご対面させるようにしましょう。それも、最初は長時間ではなく、対面時間を3分程度に留めるのがベスト。それでも、ずっと人間のみと過ごしてきた先輩猫ちゃん、環境から同居人(+猫)が増えた後輩猫ちゃん、両方にとってストレスがたまってしまいます。数回のご対面は、ケージ越しでやるようにし、時間も5分、10分と少しずつ伸ばす程度にしましょう。威嚇したり怯えたりしなくなったなと思ってから、ケージから出すようにしてください。

2匹目の猫を飼う前に去勢・避妊をする

威嚇する猫

家ネコとして飼っている猫同士では、発情して興奮してしまう関係は避けたいところ。特に、先輩猫と後輩猫が異性同士の場合、必ず去勢や避妊を行うようにしましょう。

2匹目の猫を迎える前にトライアル期間を設ける

子猫と母猫

最近では、猫同士の相性を大事にするため、ペットショップや、里親募集の飼い主さんによって、2匹目の猫を迎える前にだいたい1週間前後の「トライアル期間」を設ける場合もあります。これは、買ったり譲り受けたりした猫を家に入れてみて、家の環境や同居猫との相性を見てから、本当に猫を飼うか決められる、というものです。
新猫を家に入れたことで、どちらかの猫が

  • 不安がる
  • 威嚇が止まらない
  • エサを食べなくなる

など、うまくやっていけそうに無いときは、猫ちゃんたちのために、飼わないという決断をすることも重要です。トライアル期間を有効に活用しましょう。

まとめ

子猫と一緒の母猫

2匹目の猫ちゃんを飼うということは、結構苦労することも多いです。しかし、もし2匹が仲良くなれたら、一緒にじゃれ合って遊んだりして、猫ちゃんの運動不足解消やストレス発散になり、猫生(?)が充実することでしょう。飼い主さんの決断が、猫ちゃん達に良い環境をもたらすことを期待しています!

スポンサーリンク