猫の耳がカットされている!野良猫の去勢を行うTNRとは

猫の耳がカットされている!野良猫の去勢を行うTNRとは

耳の端っこが切れている野良猫は「去勢手術済の猫」というマークでもあります。TNRとよばれるボランティア活動によって、野良猫の去勢手術と耳カットを行っているのです。今回はこのTNR活動について詳しく解説します。

2161view

猫の耳カットは去勢された証

海辺の猫

外を歩いている時に、耳の端っこがちょっぴり切れている野良猫を見かけたことはありませんか。単に猫同士の喧嘩で耳が切れてしまった猫も中にはいますが、実はそうではない野良猫もたくさんいるのです。

野良猫の耳が切れているのは「去勢手術済み」というマークでもあり、ボランティアによるTNR活動で耳をあえてカットした猫の可能性が高いです。

猫に去勢手術をして耳をカットすることを「耳カット」とよび、地域のボランティアによってケアされている猫でもあります。

去勢手術をしてカットされた耳が桜の花びらの形に似ていることから、耳カットされた猫のことを「さくらねこ」とよぶ人もいます。

このTNR活動は日本だけでなく、世界中で推奨されている活動でもあるのです。

猫を去勢して耳カットする理由

診察中の猫

なぜ、わざわざ野良猫を捕獲して去勢手術や耳カットを行う必要があるのでしょうか。その理由は「猫の殺処分数を減らす」という目的にあります。

猫の殺処分とTNR活動がどのように関係しているのか、以下の項目で詳しく解説します。

なぜ野良猫の去勢を行うのか?

悲しいことに今でも年間に数万頭の猫が保健所に連れて行かれ、最終的に殺処分されています。殺処分される前に運良く里親が見つかるケースもありますが、それはまだまだ珍しいケースといえるでしょう。

しかも殺処分されているのは子猫であることが多いのです。せっかく生まれてきたのにすぐに殺されてしまうのはとても可哀想なことです。

そこで、野良猫が望まない妊娠をして、生まれた子猫が殺処分されるという悲しい末路を辿らないように行われているのが、このTNR活動です。

これ以上猫が繁殖しないように猫に去勢手術を行い、その過程で耳カットも行います。

耳カットをすれば去勢済みかすぐに判断できる

猫が耳カットされていない場合、一目で去勢されているか判断がしづらいです。そのため、TNR活動のために複数回捕獲されるというリスクがあります。

しかも、メス猫の場合は去勢されているかどうかを判断するには、手術をしてメスを入れてからでないと分からないのです。

去勢手術をしたにも関わらず、何度も不必要に手術をされることは猫にとって大きなストレスとなります。そのような事態を避けるために、一目で「去勢済み」と分かる目印として耳カットを行っているのです。

ちなみに、昔は耳カットではなく、猫の耳にピアスをつけていたこともあります。しかしピアスの場合、どこかに引っ掛けてしまうとピアスが取れてしまう可能性もあるため、今では耳カットが推奨されているのです。

去勢手術で耳カットされた猫に痛みはないの?

聴診器を当ててもらっている猫

「耳を切られるなんて可哀想」と思う方もいるかもしれません。しかし、猫の耳のカットは去勢手術で麻酔をかけた時に行います。なので、痛みは感じません。

猫の耳をカットしても出血はほとんどなく、もし出血した場合でもきちんと止血も行った上で猫を解放してあげるので、猫にとって大きなストレスとなることはまずありません。

猫によって去勢手術で耳カットされる場所が違うのは?

耳を拭いてもらっている猫

耳カットされた野良猫をよく見てみると、右耳をカットしている猫もいれば、左耳をカットしている猫もいることに気が付きます。実はこれにもきちんとした意味があるのです。

メス猫に去勢をした場合は左耳の先端をカットします。そして、オス猫を去勢した場合は右耳の先端をカットするのです。

このように、猫の性別でカットする場所を変えることによって、去勢済みかどうかだけではなく、性別まで一目で判断できるというメリットがあります。

猫を去勢して耳カットをするTNR活動とは

耳を診察されている猫

Trap(捕獲)、Neuter(去勢手術)、Return(返す)の頭文字をとってこのような名前をつけたのがTNR活動です。猫の耳カットをするTNR活動を行っているのは、地域によって異なりますが猫好きな地域住民などが中心となって行っていることが多いです。

猫のTNR活動に参加している地域住民に協力してもらい、野良猫を捕獲器で捕獲します。そして、捕獲した猫を動物病院に連れていき、去勢手術をして耳カットも行います。病院にもよりますが、TNR活動の一環で去勢手術を行う場合は助成金が出るところもあるのです。

そして、耳カットを含め無事手術が終わったら捕獲した猫を解放してあげます。解放してあげた後も、猫を放置するのではなく、家の前に置き餌や猫トイレを設置しておき、猫が不自由なく過ごせるようにサポートします。

「去勢手術を行ったので一代で終わってしまう命だけど、その分地域が責任を持って面倒を見よう」というのがTNR活動における方針でもあるのです。

また、猫は食べるものがないとゴミを漁るような問題行動を起こすこともあります。それだけでなく、猫トイレがないせいで、勝手に人の敷地に入って排せつするといった行動も問題視されているのです。

そのような野良猫による問題行動をなくすために、置き餌や猫トイレの設置をしています。置き餌を放置し続けると腐ってしまうため「猫が食べたあとはきちんと後片付けをするように」とのルールも設けられています。

もちろん、猫トイレの掃除もこまめに行うようにしているため、排泄物による臭いがしないように取り組んでいます。

まとめ

耳が欠けている猫

耳カットされている猫は地域住民から愛されている証拠でもあります。地域で協力して野良猫の去勢を行い、殺処分を防ごう!という取り組みでもあるので、耳カットしている野良猫を見かけたらそっと見守ってあげてください。

20代 女性 茶々

猫ちゃんの耳を切るのは、どのような理由をつけようが虐待ですよ。
保護して避妊や去勢手術までしておきながら遺棄するのは人の道に外れています。
猫ちゃんを含めた多くの動物の三大欲は、食欲、性欲、睡眠欲なのに、当事者である猫ちゃんの承諾も得ないまま避妊去勢手術をするなら責任を取って飼い猫にするか、責任を持って里親さんを見つけるべきです。

とくにひどいのが、里親募集サイトで、「育児放棄された仔猫を保護しました」とか、「地域猫が生んだ仔猫を保護しました」等と書きながら、「耳をカットしました。サクラ猫です」等と平気で書いている人は最悪です。
猫ちゃんを保護して室内飼いしていて、里親さんにも完全室内飼いを求めておきながら、耳を切るのは全く理由がありません。
この猫ちゃんは避妊や去勢手術済みですと里親さんに伝えたら良いだけです。

50代以上 女性 匿名

我が家で去勢し、世話していた猫さんがしばらく行方不明になりました。帰宅した時には耳がカットされていてビックリした経験があります。
雄猫だし、見ればわかっただろうに何故去勢済み(=誰かの飼い猫かもしれない)の子の耳を切る? としばらくモヤモヤ(実はいまだに)してましたね。きっとサクラねこ推奨派の方々には外に出してしまったこちらの責任だと言われるのでしょうけど…。
耳は結構長い間ジクジクして痛々しかったですよ。触られるのも嫌がっていたし、切られて「麻酔かけたから痛くない」なんてどうしてわかるんでしょう?
帰宅してからは家猫として暮らしてますが、片っ端から捕獲して処置することを正義とする最近の風潮には少し違和感を感じます。最終的に絶滅を目指しているの?
近所で仔猫を見ることもなくなってしまいました。

20代 女性 猫とともに生きる

批判される方の気持ちも分かりますが、実際にこの活動のおかげで猫嫌いな人が保健所に呼ぶことは減っているのではないかと実感しています。
猫の耳を切るのが虐待だと考えるのは見た目が痛そうという勝手な人間の判断ですよね。
どちらも人間の勝手な行動のせいで猫がかわいそうでかもしれませんが、去勢することで猫はストレスが減り寿命も延びますし、実際にうちの近所の猫嫌いな家も、今までは繁殖期にうるさくなるとすぐに保健所を呼んで、多くの猫が保健所に連れていかれたので、今はこの活動のおかげで猫もうるさくなくなり、猫嫌いな家が保健所を呼ぶようなことはなくなりました。また、耳がカットされていたらそういうことだから呼ばないで見守ってあげてほしいと周知されています。猫嫌いな人がすぐに保健所を呼んで、何の罪もない猫が殺されていく最悪な環境のことを考えた場合、どちらが今生きている猫ちゃんの幸せになるでしょうか?猫嫌いな人が近所にいないのであれば、わざわざこの活動をする必要はないと思いますし、やたらめったらこういうことをしているわけではないと思います。
人気のキーワード