猫はオーガニックフードで健康を維持できる?

猫はオーガニックフードで健康を維持できる?

近年の猫ブームの影響なのか、最近では猫の食・住が注目を集め、フードやその他猫の生活について見直すよう促す記事が散見されます。しかし、結局は高級フードや、高額な猫用品を購入すべきだということのこじつけになっているようにも思える内容も多々あります。ネット上やその他メディアなどに惑わされて皆さまが錯乱することにならないよう、アドバイスをさせていただきます。猫を飼育する上で、今後の参考になればと思います。

1137view

猫にはオーガニックフードを与えれば健康になる?

キャットフード

最近では、猫用フードもオーガニック、ノーグレイン、グルテンフリー、など健康を追求したワードがいたるところで飛び交っています。

私はその言葉だけに惑わされ、飼い猫にはとにかくオーガニックで、猫にとって摂取不要な要素を排他したフードを与えれば、健康を維持できるんだ!と思い込んでいました。

オーガニックフードの落とし穴

しかし、それは大きな間違いでした。とにかく口コミやレビューを読み込んで、評価が高いものを厳選していたにもかかわらず、オス猫2匹は共にストルバイト結石の尿が続き、やむを得ず投薬をしなければならない結果になりました。

こんなに高級なフードを与えているのになぜ??と繰り返し思い、その後やっと気づきました。
猫も人間も同じ❝生き物である❞ことを。

人間もオーガニック食材や高級な食事しかしないから絶対健康、とはなりませんよね。
猫も同じです。

猫それぞれ合う・合わないがある

生き物にはみな個体差があります。生まれつき弱い部分、強い部分、は個体により異なります。
猫を飼育する上で、その個体差を把握し、健康管理をしてあげることが肝要なのだと思います。

実際、高級フードだけを与え続けたから飼い猫は長生きした、ということは聞いたことがありません。

それに気づいてからは、各々の個体差を把握した上で、最適な栄養成分が含有されているフードを選び、嗜好性を試す、更に良質な原材料であるなら尚可、という考え方に変わり、飼い猫それぞれに合ったフードを選び抜いたことで、我が家の飼い猫たちの食生活の質は改善され、現在は健康です。

様々な情報、言葉に惑わされないために

猫がそれぞれ自分のご飯を食べている様子
  • まずは自分の飼い猫の体質、嗜好性、弱いところなどの本質を知ること。
  • 健康を匂わせるワードだけに惑わされないこと。
  • ネットの口コミやレビュー、統計データはあくまで参考程度にし、鵜呑みにしない。
  • 自分自身が食品に対する基礎知識を身につけること。
  • 無添加という表現に騙されないこと。

(無添加と記載されているだけで、何を無添加なのか明確にされていないことも多いです。)

これらを実践するだけで、選ぶフードが良い方向にガラリと変わるかもしれません。

猫にとって快適な住環境とは

  1. 部屋が整理整頓、きちんと掃除されており、空気がきれいであること。
  2. 猫の誤飲に繋がるようなものなどの危険が床に落ちていないこと。
  3. 猫がくつろげるお気に入りの場所が確保されていること。
  4. 新鮮な飲み水が複数箇所に設置されていること。

これだけで、猫にとっても人にとっても居心地よい空間が出来上がります。

最近では、猫専用の高額な日本製のベッド、ソファーなどが、人間用の倍以上の価格で販売されていたりもしますが、猫がそれを必要とするとは思いません。

もし、何かのご褒美やプレゼントを買ってあげるのであれば、本当にその猫が欲しがるだろうと思うもの、かつ人間から見てもいい商品で素敵なデザインだな、と思うものを選んであげてくださいね。

まとめ

猫専用部屋の様子

猫を飼育する上での“食と住”は共通して、個体に合ったものを選定し、与えることが最も重要です。産地や健康ワードだけに敏感にならず、まずは飼い猫の本質を理解してから最適と思われるものを食と住にあてはめていきましょう。

飼い猫を“知る”ことは、必然的に家族間の絆を強めます。また、猫のためにしていることは意外と人間のために役立っていることが多いです。

例えば、網戸ロックなどの脱走防止策は、防犯効果を高めますし、猫のために家をきれいに保つことで人間も気持ちよく生活できます。

飼い猫との共存生活を楽しんで最高に幸せな毎日を過ごせることが理想ですね。

人気のキーワード