猫に「大好き」を伝えたい!7つの方法で気持ちが繋がる!

猫に「大好き」を伝えたい!7つの方法で気持ちが繋がる!

当たり前ですが、猫と言葉で会話する事はできません。ですが愛猫にどうにかして「大好き」と伝えたいと思うのが、人情ではないでしょうか?猫に飼い主さんの気持ちを伝える事はできるのでしょうか?また、その伝え方とは?

4232view

猫に「大好き」を伝える7つの方法

ハートを作る猫と人

愛猫に「大好き」な気持ちを伝えるには、こんな方法があります。

  • 方法1 ゆっくり瞬きをする
  • 方法2 匂いを嗅いでもらう
  • 方法3 猫が嫌がることをしない
  • 方法4 毎日遊ぶ
  • 方法5 猫の気分に合わせる
  • 方法6 わがまま放題にしない
  • 方法7 気持ちを込める

方法1 ゆっくり瞬きをする

瞬きする猫

猫と目が合ったら、そのままゆっくりと瞬きをしてみましょう。「信頼してるよ。大好きだよ。」というメッセージを猫に送れます。愛猫が瞬きを返してくれたら、両思い♡猫もあなたを信頼し、大好きでいてくれている証拠です。

方法2 匂いを嗅いでもらう

指の匂いを嗅ぐ猫

猫にとって匂いは様々な事を知る重要な要素です。あなたの匂いを嗅がせる事は、あなたのことを猫に知ってもらうとともに、猫との挨拶でもあります。「仲良くしたいな」と言う意思を伝えられるでしょう。

猫がしっぽを上げてお尻を見せ、「嗅いでもいいよ」と伝えてくる事がありますが、これは上位の者に対する態度です。気持ちは嬉しいですが衛生上、猫のお尻の匂いを嗅ぐのは、オススメできません。謹んで遠慮しておきましょう。

方法3 猫が嫌がることをしない

膝の上で撫でられる猫

猫に愛を伝えるため、抱っこをする飼い主さんがいます。ギュッと抱きしめるのは対人では愛情表現になりますが、猫にはストレスになってしまう事もあります。抱っこが好きな猫なら問題ありませんが、抱っこ嫌いな猫に「大好き」と伝えるためにギュッとするのは避けましょう。

その他にも猫をやたらとベタベタと触ったり、大声で好きと伝えたりすると、猫が嫌がる可能性大です。猫が嫌がることをしないようにするのも、「大好き。大切だよ。」と伝える方法です。

方法4 毎日遊ぶ

遊ぶ猫

猫と遊ぶ事は、信頼関係を構築する上で大切です。特に猫を家に迎えてすぐは、一緒に遊ぶようにすると仲良くなりやすいでしょう。もちろん慣れてからも、1日5~10分程度遊ぶようにすると猫の運動やストレス解消になりますし、猫に愛情を伝える手段にもなります。

方法5 猫の気分に合わせる

寝転がり毛づくろいする猫

猫はマイペースな生き物です。猫が気乗りしていないのに、無理矢理何かをしたりさせたりする事は避けた方が良いでしょう。例えば撫でてほしい時は猫から寄ってきます。こちらから触りに行くのではなく、猫が「撫でて」アピールをしてきた時、撫でるようにすると良いでしょう。

遊ぼうとおもちゃを見せても反応しない時は、猫が遊ぶ気分ではないと言う事です。無理強いせず、猫の気分が乗ったときに遊ぶようにしてあげてください。

方法6 わがまま放題にしない

飼い主に抱っこされる猫

可愛い猫を見ると、ついついやりたい放題にさせてしまいがちです。ですが、猫がしてはいけない事をした時はきちんと叱るようにしましょう。猫を叱るのも愛情表現の一つです。体罰はダメですが、「ダメ!」や「コラ!」など、短い言葉で注意して、猫のわがままをたしなめてください。

方法7 気持ちを込める

ハートを作ったところから猫の顔

猫に「大好き」と言う気持ちを伝えるには、その気持ちを込めて猫と接することです。猫は相手の気持ちを察するのが得意なので、それは必ず伝わります。愛情を持って常日頃、猫と接していれば、気持ちが伝わる日がやってくる事でしょう!

まとめ

抱っこされた猫

猫に飼い主さんの気持ちを伝えるには、猫の習性や性格などに沿う事が大切です。いくら愛猫の事が「大好き」でも、独りよがりの大好きでは猫にはうまく伝わらないでしょう。

逆に嫌がられてしまう危険性すらあります。どうしたら愛猫が喜んでくれるのか考えて行動するようにすれば、自ずと気持ちは伝わっていくでしょう!

人気のキーワード