猫がお腹を触ると怒る理由と注意点

猫がお腹を触ると怒る理由と注意点

猫がお腹を触るとフワフワとしていて触っている飼い主も癒されますよね。しかし、猫がお腹触ると突然「シャー」っと威嚇をしたり怒るようなこともあると思います。では、猫がお腹を触ると怒る理由はどのようなことが考えられるのでしょうか。今回は「猫がお腹を触ると怒る理由と注意点」についてご紹介させていただきます。

9368view

猫がお腹を触ると怒る理由

ごろにゃんこする猫

猫がお腹を触ると怒る理由はどのようなことが考えられるのでしょうか。猫はたまに「ごろにゃんこ」をしてとても気持ち良さそうなときにリラックスをしているときがありますよね。飼い主も猫に癒されたくてつい猫のお腹をナデナデと触るときもあると思います。しかし、そんなときに飼い主に向かって突然猫が怒ってしまうときがありませんか?

ではなぜ、猫がお腹を触ると怒るのでしょうか。ここでは、猫がお腹を触ると怒る理由についてご紹介させていただきます。

猫のウィークポイントだから

猫がお腹を見せるということは「無防備」になるということです。猫のお腹は内蔵など天敵に狙われれば1発でやられてしまうようなウィークポイントです。そんなウィークポイントであるお腹を無防備に猫が見せるということはリラックスをしているサインなのです。ですが猫が、「人間が触るのは嫌」と思っていることもあります。

ただ、寝ているうちにリラックスしてごろにゃんこをして猫がお腹を見せることもありますが触るということはしてほしくないために怒ってしまうということなんですね。

飼い主がしつこいから

猫が飼い主に甘えて「触って~」とお腹を見せることもよくありますよね。そんなときに飼い主も「甘えてきてくれてるんだな」と感じて、たくさん愛情を注いであげることもあると思います。しかし、猫にとってはそのしつこさが「ストレス」になっていることも。

猫は非常にマイペースで自分勝手な動物です。自分が満足すると「触るな!」と突然気分が変わってしまうんですね。それにより、猫は怒るようになってしまうのです。

猫が気を許していないから

大の字の子猫

猫がくつろいでいることにより、お腹を見せてくることがありますが触るというのは「気を許した人」にしかさせてくれません。飼い主に向けて猫はアピールをしたくてお腹を見せているのに違う人に触られてしまうと嫌で怒るんですね。

飼い主が猫のお腹を触ることができても、他の家族には怒ってしまうこともありますので注意が必要でしょう。

猫のお腹を触る時の注意点

お腹を見せるアメショー

猫のお腹を触る時の注意点はどのようなことがあるのでしょうか。猫のお腹はフワフワとしているので飼い主も癒されたくて猫のお腹を触ることがよくあると思います。また、猫がお腹を見せるので「喜んでくれているのかな」とつい、たくさん触ってしまいますよね。

しかし、猫のお腹を触るときには怪我の面などから注意点がいくつかあります。そこでここでは、猫のお腹を触る時の注意点についていくつかご紹介させていただきます。

猫のお腹を触るときはスキンシップをとって猫が気を許してから

猫のお腹を触るときにはお腹を触る前に「スキンシップをとるようにする」ようにしましょう。スキンシップをとって猫が甘えたい気分になればその後猫のお腹を触るのも良いのですが、突然飼い主の気まぐれでウィークポイントのお腹を触ると怒って引っ掻いたり噛む場合もあります。

飼い主や周りの人が怪我をしてしまわないようにするためにもまずは「猫の気持ちを伺うために」スキンシップをとってから猫のお腹を触るようにしましょう。

お腹を触るときには猫が喜ぶ触り方をする

「お腹を触るときには猫が喜ぶ触り方をする」ということも注意点です。猫が嫌がらない触り方と言えば

  • 毛並みに沿って
  • 優しく

触ることですよね。

猫が嫌がらないで喜んでくれるような触り方を心がければ嫌がられずに触ることができます。激しく触ったり叩くような触り方をして、猫が嫌がって逃げてしまうことがないように丁寧に猫のお腹を触るようにしてください。

猫のお腹を触るときにはサインを見逃さない

猫のお腹を触るときにはサインを見逃さないようにしましょう。猫は気持ち的に触られたくないときには「触るな」というアピールをしてきます。

  • 耳を後ろに倒している
  • ウーッと威嚇をする声をあげている
  • シャーッと怒っている
  • 尻尾を激しく左右に振っている

これらのようなサインがあれば、猫のお腹を触ってはいけません。なにも考えずに触ると猫に引っ掻かれたり噛むようなことがあるかもしれませんので、注意をしてください。

まとめ

お腹を触られている猫

猫がお腹を見せて寝ていたりすると可愛らしいですよね。飼い主もつい猫が可愛くて猫のお腹を触ることがあるかもしれませんが、猫の気持ちをきちんと考えてから触るようにしなければいけません。猫が甘えたい気持ちや構ってほしい気持ちのときには触ることができますが、気を許していなかったりイライラモードだと弱点の場所なだけに猫に引っ掻かれたり噛まれるようなこともあるので注意をしてくださいね。