猫がイラっとする5つの飼い主の行動

猫がイラっとする5つの飼い主の行動

あなたは猫がイラっとする飼い主の行動をご存知ですか?今回は猫がついイラっとしてしまう!という飼い主の行動をいくつかご紹介します!あなたは大丈夫ですか?

4636view

猫がイラっとする飼い主の行動

目つきの悪い猫

猫も生きていますから、日々何かにイライラすることはありますよね。その原因は気分だったり、猫同士の喧嘩だったりしますが、原因は飼い主さんにある場合も。そこで今回は猫がイラっとする飼い主の行動をいくつかご紹介します。

1.大きな音を出す

猫は大きな音が苦手です。大きな音を聞くと、驚いたり、怖がったり、ストレスが溜まったりしてしまいます。それほどに苦手な大きな音を飼い主さんが出しているとしたら、猫は飼い主さんに対してイライラしてしまうこともあります。何度も猫が嫌がる大きな音を出してしまうと、猫に嫌われることもありますので注意しなければいけません。

2.しつこく触られる

猫はしつこく触られることも嫌います。どれだけ大好きな飼い主でも、猫の機嫌が悪いときにしつこくしてしまうと、猫がイラっとしてしまうことも。しつこく触られてイラっとした猫は、いきなり飼い主の手に噛みついたり、唸ったり、その場から逃げたり、更には「シャー!」っと威嚇してくる場合も。猫にしつこくするのは禁物ですね。

3.追いかけまわされる

猫が飼い主の行動でイラっとするものの1つ、”追いかけまわされる。”猫は基本的に自由を求める生き物なので、嫌だと思った時にその場から逃げることがあります。それなのにしつこく猫を追いかけまわしてしまうと、猫にはたくさんのストレスがかかります。それに加えてイラっとすることも多々ありますので、嫌われないためにも猫を追いかけまわすことはやめましょう。

4.食事の出し忘れ

いつもの食事の時間になったにも関わらず、飼い主がいつまでも食事を出してくれない!そんな時にも猫はイラっとしてしまいます。猫の体内時計はとても正確だと言われていますので、食事の出し忘れには気をつけなければいけませんね。もちろん飲み水の出し忘れにも要注意です!

5.遊んでくれない

猫は「遊んで欲しい!」と感じた時に、様々な仕草や行動で遊んで欲しいことを飼い主へアピールしてきます。しかし、飼い主がそのアピールになかなか気が付いてくれない場合、猫もだんだんイライラしてしまうのだそうです。

猫がみせてくる「遊んで!」「構って!」などのアピールは見逃さないようにしましょう!

猫がイラっとしている時に見せる仕草

猫のしっぽ

猫がイラっとする飼い主の行動をいくつかご紹介させていただきましたが、みなさんは”猫がイラっとしたときにみせる仕草”は知っていますか?今回は猫がイライラしている時の仕草もご紹介します。

しっぽを動かす

猫はイラっとして機嫌が悪くなり、怒っている時にはしっぽを動かします。ぶんぶん振り回したり、パタパタと動かしたり、バタンバタンと床にたたきつけることも。犬の場合しっぽが大きく動いていれば喜んでいる証拠だと言われていますが、猫の場合は逆なんだそうです。

毛づくろいをする

猫はストレスを感じたり、イライラしたりした場合には入念に毛づくろいをする場合があります。飼い主さんが、猫の嫌がることをしたあとに猫が毛づくろいを始めた、という場合は、ほとんどの猫がイライラしている時だと言えます。

目つきが悪くなる

猫はイラっとした場合、目つきが悪くなることがあります。猫を飼育している方ならわかるかと思いますが、猫にしつこくしたり、ちょっかいを出したりしたときに凄い目つきで睨まれたことはありませんか?

猫は表情でもイライラしている!ということを必死に伝えてきます。

まとめ

くつろぐ猫と女性

今回は猫がイラっとする飼い主の行動や、猫がイライラしている時に見せる仕草をご紹介しました。猫はとても可愛く、しつこくしたりちょっかいを出したりしたくなってしまう気持ちはとても分かります。しかし、構いすぎて嫌われてしまうこともあるようです。

猫と仲良くするには適度な距離感がとても重要なのかもしれませんね。

人気のキーワード